JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

腐植系バイオスティミュラントの世界市場 2027年まで12.6%の成長見込み2021年10月12日

一覧へ

REPORT OCEANは10月8日、世界の腐植系バイオスティミュラント市場に関する最新レポートを発行。同市場は、2021~2027年の予測期間中に12.6%以上の成長が見込まれている。

同レポートによると、腐植系バイオスティミュラントの世界市場は、2020年に約27億米ドルと評価されており、2021年から2027年の予測期間中に12.6%以上の年平均成長率(CAGR)で成長すると予想されている。

腐植系バイオスティミュラントは、土壌の種類や圧縮度に応じて指定された深さまで一貫して土壌中に分布し、土壌の腐植を高める。腐植質化合物は、土壌有機物から供給されるフミン酸やフルボ酸のミネラル塩と同様の利点を得るための選択肢であることが示されている。持続可能なソリューションの採用や、輸出価値の高い作物への需要が高まっていることが、腐植質系バイオスティミュラントの市場成長の原動力となっている。

フミン酸系バイオスティミュラントは、長期的にはストレス耐性をもたらし、植物の成長を促進することで、この問題の解決に役立つ。有機食品の利点に対する消費者の認識が高まり、有機規則が実施され、GLOBALGAP(Global Good Agricultural Practices)政策が実施されることで、バイオスティミュラントの市場は今後数年間で発展すると予想される。
フミン酸系バイオスティミュラントは、土壌の物理化学的、化学的、生物学的特性を改善する可能性がある。例えば、スイスの有機農業研

究機関であるFiBLによると、2017年に比べて2018年には有機農業面積が約125万ヘクタール拡大。しかし、バイオスティミュラント製品の真正性が保証されていないことが、2021~2027年の予測期間において市場の成長を妨げる可能性がある。

地理的には、アジアでは、数多くの技術的進歩の結果、特に東南アジア諸国で農業が効果的に変革。この地域では、農業の発展と国際基準を満たす農産物の必要性が、腐植系バイオスティミュラントの市場を押し上げると予想される。また、高品質のバイオスティミュラントを製造し、生物活性を持つ多くの新しい化合物の特許を取得した。中国、日本、東南アジアなどのアジア諸国では、持続可能な農業が変革しつつある。そのため、この地域では、フミン系バイオスティミュラントの需要が高まっている。
本レポートに掲載されている主な企業は次の通り。

BAYER AGValagro SPAFMCコーポレーションSikko Industries Ltd.Novihum Technologies Gmbhフミンテック社(Humintech Gmbhコッパート・バイオロジカル・システムズUPL社ヒューミック・グロース・ソリューションズ青島未来グループ

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る