JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農薬散布用ドローン新製品発売で「AGRAS MG-1P」を値下げ DJI2021年10月13日

一覧へ

DJI JAPANは10月1日、高性能農薬散布用ドローンの新製品「AGRAS T30」と「AGRAS T10」の販売開始に伴い、既存製品「AGRAS MG-1P」の価格を改定。本体価格を約105万円から約75万円に値下げする。

「AGRAS MG-1P」

「AGRAS MG-1P」は、液体の農薬、肥料と除草剤を適正な割合で高精度に散布するために設計されたオクトコプター。折りたたみ式で10リットルの農薬を搭載でき、過酷な農業現場での使用にも耐えるよう、IP43の防塵防滴性能を備えている。また、機体前後と下部に搭載した高精度センサーが地形情報を取得することで、作物から一定距離での高度維持を実現。

農業利用に最適化したフライトコントローラーにより、外部振動で液体が揺れ動いた場合でも安定した飛行を可能にする。「AGRAS MG-1P」は、旧価格の約105万円から新価格は約75万円に値下げする。価格は本体のみ。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る