JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

さなえ図画コン 最優秀賞は「家族の楽しいのうぎょう」 井関農機2021年10月15日

一覧へ

井関農機は10月13日、第26回ヰセキ「さなえ全国子ども図画コンクール」審査結果を発表した。全国最優秀賞には、愛媛県の野本一朗さん(10歳)の「家族の楽しいのうぎょう」が選ばれた。

全国最優秀賞に選ばれた「家族の楽しいのうぎょう」全国最優秀賞に選ばれた「家族の楽しいのうぎょう」

将来を担う子どもたちに農業の魅力を伝え、日本の農業を応援する「さなえ全国子ども図画コンクール」は、全国の販社を通じ応募を募る恒例行事で今年で26回目。「農業で働く家族」をテーマに募集し、全国から1300点の力作が集まった。

全国最優秀賞は、野本一朗さん(愛媛県・10歳)の「家族の楽しいのうぎょう」(写真)が選ばれた。また、全国優秀賞には、冨田心愛さん(愛媛県・10歳)の「楽しく野菜を育てる家族」、長田裕真さん(静岡県・8歳)の「みんなではたけしごと」など5作品が、全国特別賞には各地区から10作品が選ばれた。

審査は、井関農機所従業員の投票による選考の結果をふまえ、最終審査を千葉大学教育学部名誉教授の藤澤英昭氏と国画院会長の古城和明氏が行った。受賞作品は、井関農機のウェブサイトで紹介し、各地で開かれるイベントで展示される。

最終審査を行った井関農機の高野重幸営業推進部長、縄田幸夫本部長と外部審査員の藤澤氏、古城氏(左から)最終審査を行った井関農機の高野重幸営業推進部長、縄田幸夫本部長と外部審査員の藤澤氏、古城氏(左から)

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る