BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

一次産業アプリ「アクト・アップ」 に新機能リリース アクト・ノード2021年12月1日

一覧へ

株式会社アクト・ノードは、農業・畜産・水産養殖などの一次産業向けアプリ「アクト・アップ」の新機能『オープン センサー接続』と、『AIカメラ記録』の2機能をリリース。一次産業の生産現場の記録の効率化や自動化を進め、利用できるデジタルデータを増やすことで、数値による見える化や情報分析をレベルアップし、データの活用範囲を拡げる。

アクト・アップ クラウドアクト・アップ クラウド

アクト・アップは農業・畜産・水産養殖など一次産業向けのクラウドアプリ。一次産業の生産管理に必要な「作業」「資材」「生育環境」「生育状態」などの記録をデジタルデータとして統合的に記録・管理できる。記録を「楽」にできるUI(ユーザーインターフェイス)や自動化によりデータ取得を促進し、一次産業のデータ活用の可能性を拡げる。

オープンセンサー接続オープンセンサー接続

11月30日にリリースされた新機能の「オープンセンサー接続」は、様々なセンサーと接続しアプリにデータを取り込む機能を提供。一次産業において育成する品種や生産方式により、求められるセンサーの種類や性能は異なる。「オープンセンサー接続」により利用できるセンサーが増えることで、用途に合わせたセンサーの選択の幅が広がる。また、アクト・アップに情報を統合することでデータ活用における利便性を大きく向上。現在、Temphawk [Sigfox]や、ZETAスマート農業・養殖センサーなど、30種類以上のセンサーの接続が可能となる。

また、『AIカメラ記録』機能はWebカメラの画像をアクト・アップに取込み、AIにより画像を解析。AIモデルの第一段として「ブロイラーの体重推定AI」の提供する。AIカメラを使うことで、週に数羽~数十羽が限界だった手間のかかる体重計測を自動化。1時間ごとに数十~数百羽と計測頻度やサンプリング数を大幅に増やした体重計測を可能にする。自動化による工数削減だけでなく、計測の頻度やサンプリング数が増えることで異常の早期発見や原因分析の精度向上の効果が見込まれる。12月14日リリース予定。

AIカメラ 養鶏ブロイラー体重推定AIカメラ 養鶏ブロイラー体重推定

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る