BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「ピンポイントタイム散布」サービスの提供開始 オプティム2021年12月1日

一覧へ

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームを手がけるオプティムは、圃場別デジタル解析による適期防除が可能な「ピンポイントタイム散布」サービスの提供を開始。生育予測技術や病害虫発生予察技術とドローン防除の知見を組み合わせた「ピンポイントタイム散布」サービスにより、最小限の農薬で最大の防除効果の実現をめざす。

「ピンポイントタイム散布」サービスの提供開始 オプティム

同社は、病害虫が検知された箇所に農薬を散布する「ピンポイント農薬散布」や、追肥が必要な箇所のみに必要な量の追肥をおこなう「ピンポイント施肥」を展開。その中で、現場の生産者から無人ヘリなどの共同防除で適期に農薬を撒けていないという課題があがっていた。そこで、生育予測技術と病害虫発生予察技術による防除の適期判定と、ドローンパイロットシェアリングサービス「DRONE CONNECT」の「ドローン農薬散布防除サービス」を通して培った散布ノウハウを組み合わせ、「ピンポイントタイム散布」サービスの提供を始める。

「ピンポイントタイム散布」サービスは、「ピンポイント農薬散布」、「ピンポイント施肥」と並ぶ、「ピンポイント散布シリーズ」の新たな取り組み。同じ効果をより少ない農薬散布頻度によって実現することで、環境負荷軽減につなげる。

「ピンポイントタイム散布」サービスの提供範囲は日本全国で、平地でも中山間地でも対応可能。対応面積は10ヘクタールから上限はなく、個人生産者だけでなく、地域全域などの大規模散布にも対応。現在、サービス開始を記念して、2021年内に相談すると、1ヘクタールあたり1万5400円(税込)からの作業費で利用できる。また、2022年実施の「ピンポイントタイム散布」サービスの依頼受付を開始。以下の問い合わせフォーム、または(電話)050-1741-7673で問合せを。

「ピンポイントタイム散布」サービス「ピンポイントタイム散布」サービス

◎散布サービス概要
対応可能エリア:離島などを除き、日本全国
申込み対象: JA、農業共済、自治体などの団体、営農組織、個人生産者
対象作物: ドローンでの薬剤散布が可能な作物であれば対応可能
対応可能面積:10ha以上、上限なし
料金:2021年内の相談に限り、1haあたり1万4000円~

【問い合わせフォーム】

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る