左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
片倉コープアグリ:SP ペースト二段施肥
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

農地の土壌を汚さず土の温かさを利用 ビニールハウス養殖を本格支援 太陽工業2022年2月15日

一覧へ

大型膜面構造物(テント構造物)や土木・物流資材などを手がける太陽工業は、農地の土壌を汚さず土の温かさを利用できるビニールハウス養殖の本格支援を開始。陸上養殖の実証事業者に対しガンデルシート(遮水シート)などを提供し効果を検証している。

陸上養殖で活用できる遮水シートなどの技術を提供陸上養殖で活用できる遮水シートなどの技術を提供

農林水産省の調査によると2020年の日本における荒廃農地は28.2万ヘクタールに及ぶ。使用されていない農地活用の必要性が高まる中、農地を陸上養殖地として転用許可を受ける方策が注目されている。同社は、この陸上養殖で活用できる遮水シートなどの技術を提供。実証事業への支援を通じて、陸上養殖における遮水シートなど同社技術の最適な提供方法の検証を進めている。

同社は今回、千葉県鋸南町の農業用ハウスを活用してバナメイエビの養殖を手掛ける株式会社Seaside Consultingへ技術を提供。Seaside Consultingが使用するビニールハウスの広さは約500平方メートル、施設内の幅5メートル、長さ32メートルの区画を養殖槽として活用した。太陽工業は、一般的に土木資材製品として活用される連続箱型鋼製枠 「マックスウォール」、遮水シート「ガンデルシート」、保護マットの技術を応用した養殖槽と保温シートの設計、加工、施工を行った。

養殖槽としてガンデルシートを使うことで、農地土壌を汚さず農地を活用することができるほか、コンクリート水槽や二次製品よりも安価に養殖槽へ転換することが可能。また、土の温度を利用することで保温性が高まり水の温度管理にも有効となる。

養殖槽の囲いとして使われた「マックスウォール」は、連続した土堤を簡単に設置できる箱型鋼製枠。全国各地で長期間にわたる仮設工、本設工のための仮設資材、災害時における本復旧までの応急対策や、防災用備蓄資材として活用されている。また、高い水密性を確保するため採用された遮水シート「ガンデルシート」は、廃棄物最終処分場をはじめ、ため池・貯留池など様々な用途で、世界50か国で施工されている。保護マットを組み合わせることで、遮水シートの破損・漏水を防ぎ、断熱性も高めることに成功した。

太陽工業は、この他の地域や水産物への実証実験の支援も進め、国内の陸上養殖を積極的に支援していく。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る