人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

神戸市の再生リン活用肥料の売り上げ約3倍に 肥料高騰で注目 一般向け肥料も好調2023年2月14日

一覧へ

ロシアのウクライナ侵攻などで肥料価格が高騰する中、神戸市が下水処理場の汚泥から再生したリンを活用した肥料「こうべハーベスト」の今年度の売り上げが、昨年度の約3倍に上る見通しであることが分かった。同市が一般家庭向けに小分け販売した肥料の売れ行きも好調だ。

神戸市ハーベスト.jpg再生リンを活用した園芸用肥料「こうべハーベスト」

神戸市は、肥料原料のリンのほとんどが輸入に依存される中、下水処理場から出る汚泥にリン成分が含まれていることに着目して平成23年度から肥料メーカーとリン資源を開発する技術に取り組んできた。その結果、園芸用肥料として再生リンを20%使用した「こうべハーベスト10-6-6-2」と、水稲用肥料として再生リンを15%使用した「こうべハーベスト水稲一発型」の2種類を開発し、JAなどを通して販売している。

同市によると、ウクライナ危機などで肥料価格が高騰する中、「こうべハーベスト」に関する肥料メーカーからの問い合わせが約5倍に上るなど大きな反響があり、令和4年度の売り上げは3年度の約3倍に上る見通しであることが分かった。同市によると、
令和3年度の売り上げは「こうべハーベスト10-6-6-2」が約4200袋、「こうべハーベスト水稲一発型」が約2400袋で、今年度は特に野菜栽培などの適用範囲が広い「こうべハーベスト10-6-6-2」の販売が好調だという。また、再生リンの販売量も順調で、今年度の販売量は昨年度の約25トンの約3倍に上る見込みという。

さらに、同市は昨年12月から「こうべハーベスト」を一般家庭菜園や小学校の野菜作りなどにも使ってもらおうと、「こうべSDGs肥料」(1㎏)として小分け販売を始めた。JA直売所をはじめ、JAから直接、公園緑化協会や教育委員会に販売しており、2月上旬までに約400袋が販売され、好調だという。

同市は、肥料価格の高騰で全国的に下水汚泥の再生リンを活用する動きが加速し、「こうべハーベスト」が注目される中、昨年秋には農家に購入費の一部を助成する支援などもしており、農家への支援とともに再生リンを使った肥料の普及を通して環境保全型農業の推進も図ることにしている。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る