人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

農業用AIロボット開発の輝翠TECH「第5期JAアクセラレータプログラム」に採択2023年6月1日

一覧へ

アグロボットスタートアップの輝翠TECHは5月25日、AgVenture Labと01Boosterが運営する「第5期JAアクセラレータプログラム」に採択され、優秀賞に選ばれた。

「第5期JAアクセラレータプログラム」でプレゼンテーションするタミル ブルーム代表(左)「第5期JAアクセラレータプログラム」でプレゼンテーションするタミル ブルーム代表(左)

同社は、月面ローバー技術を活かした農業用AIロボット開発のスタートアップ。初めて参加した2021年度の同プログラムでイノベーション賞を受賞し、これまで様々なメンタリングや支援を受け成長してきた。その結果、「食と農、くらしのサステナブルな未来を共創する」をテーマに募集された今年度の第5期プログラムでは優秀賞に選ばれた。

同社が開発する自律走行型ロボット「Adam」は、農園内での運搬作業を代替することで、農業の現場で問題となっている、長時間負荷労働・労働力不足などの問題を解決。また、ロボットに搭載されたカメラから農園内のデータを収集して分析することにより、予測収穫量や野菜・果樹の健康状態を推定するなど、農業の効率化と高度化を実現する。

自律走行型ロボット「Adam」自律走行型ロボット「Adam」

第5期プログラムへの採択にあたり同社は、「本プログラム中はJAグループと協働しながら、多くの農家さんへこのロボットを導入し、実証実験を進めていきたい。かっこいい・楽しい農作業へ、これからも日本の農業を変革すべく邁進する」とコメントしている。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る