左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

キノコ原木、供給可能量が希望量上回る2013年11月12日

一覧へ

 林野庁は11月11日、福島第一原発事故の影響で不足していたキノコ原木の平成25年9月末時点での需給状況をまとめた。

 調査は今年5月時点で不足していた18府県を対象に行った。
 その結果、供給希望量は今年5月に比べて106万本減の118万本(約1万4000立方m)。これに対し、供給可能量は同5万本減196万本(約2万1000立方m)と、供給可能量が供給希望量を78万本上回った。
 同庁では、引き続きキノコ原木のマッチングを推進していくとしている。


(関連記事)

食用キノコ生産量、13年ぶり前年比減(2013.11.06)

原木キノコの栽培管理ガイドライン策定(2013.10.23)

夏こそキノコ食 JA中野市きのこ研がPR(2013.07.29)

キノコ原木、全国不足量23万本(2013.06.20)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る