野菜・果物 ニュース詳細

2013.11.12 
キノコ原木、供給可能量が希望量上回る一覧へ

 林野庁は11月11日、福島第一原発事故の影響で不足していたキノコ原木の平成25年9月末時点での需給状況をまとめた。

 調査は今年5月時点で不足していた18府県を対象に行った。
 その結果、供給希望量は今年5月に比べて106万本減の118万本(約1万4000立方m)。これに対し、供給可能量は同5万本減196万本(約2万1000立方m)と、供給可能量が供給希望量を78万本上回った。
 同庁では、引き続きキノコ原木のマッチングを推進していくとしている。


(関連記事)

食用キノコ生産量、13年ぶり前年比減(2013.11.06)

原木キノコの栽培管理ガイドライン策定(2013.10.23)

夏こそキノコ食 JA中野市きのこ研がPR(2013.07.29)

キノコ原木、全国不足量23万本(2013.06.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ