野菜・果物 ニュース詳細

2013.11.06 
食用キノコ生産量、13年ぶり前年比減一覧へ

 林野庁は10月31日、平成24年の特用林産物の生産量・額の調査結果を公表した。食用・非食用すべて含めた全体の生産額は前年に比べて4.1%減の2508億円だった。

 食用キノコ類の生産量は13年ぶりに前年度を下回り、前年に比べて3%減の45万8529t、生産額は同5.2%減の2129億円だった。
 品目別では、生産量で前年比減となったのはマツタケ、生シイタケ、エノキタケ、ヒラタケ、マイタケ。生産額では、ブナシメジを除くすべての品目が前年比減だった。
 減少幅がもっとも大きかったのはマツタケで、生産量は同56.5%減の16t、生産額は同57.9%減の5億円と、前年に比べて5割以上の減少だった。もっとも生産量の多いエノキタケは生産量が同8.6%減の13万871t、生産額が同1.4%減の322億円。もっとも生産額の多い生シイタケは、生産量が同6.7%減の6万6476t、生産額が同7.5%減の616億円だった。
 その他の食用品は、クリ、タケノコ、ワサビともすべて生産量は前年比増だったが、ワサビの生産額は前年比減だった。とくに大きくのびたのはタケノコで生産量が同21.8%増の3万9244t、生産額が同10.8%増の71億円だった。
 非食用品(うるしや桐材などの伝統工芸品材料や木炭、竹炭などの一般的木材以外の生産物)の生産額は同0.9%増の84億円だった。

平成24年の特用林産物生産量


(関連記事)

原木キノコの栽培管理ガイドライン策定(2013.10.23)

タケノコ生産量2割増(2013.09.13)

夏こそキノコ食 JA中野市きのこ研がPR(2013.07.29)

キノコ原木、全国不足量23万本(2013.06.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ