左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

首都圏で「静岡みかん」PR 3776個を無料配布2014年1月14日

一覧へ

 JA静岡経済連は1、2月に東京・神奈川で「静岡みかん」のPRイベントを行う。イベントでは「おみくじ付静岡みかん」を無料配布する。

 静岡県のミカン生産量は12万2400tで和歌山、愛媛に次いで全国3位だ。上位2県は年内に出荷する早生ミカンが多いが、静岡は年明けに出荷する普通温州ミカンが主流で、これの生産量では静岡県が全国1位。
 静岡県内の12JAと1専門農協でつくるJA静岡経済連柑橘委員会は、この静岡県産ミカンの出荷最盛期を前に首都圏3カ所でPRイベントを行う。
 イベントは、1月18日JR秋葉原駅電気街口改札内、25日JR桜木町駅前広場(横浜市)、2月1日JR有楽町駅前の東京交通会館前で、18日は10時30分から、25日、1日は11時から。各会場とも、昨年世界遺産に登録された富士山の標高にちなみ3776個の静岡みかんを配布する。
 同委員会によると、今期のミカンは果実が大きく、糖度・酸度ともバランスの良い高品質な仕上がりで、安定した出荷量が見込めるという。


(関連記事)

ミカン栽培面積900ha減 農水省統計(2013.10.21)

温州ミカン・リンゴの適正生産出荷見通し公表(2013.06.05)

・ミカン収穫量8%増  農水省(2013.05.17)

24年産ミカン、リンゴ、カキの共済減収  農水省(2013.03.08)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る