野菜・果物 ニュース詳細

2019.10.17 
極早生で白肉のモモ新品種「ひめまるこ」 農研機構一覧へ

 農研機構は、10月16日、極早生で食味良好な白肉のモモ新品種「ひめまるこ」を育成したと発表した。
 露地栽培での白肉モモの収穫期を従来品種より9日程度早められると期待される。「ひめまるこ」の苗木は令和2年秋から販売される予定。

 モモの露地栽培において、一定規模の栽培がある品種の中で最も収穫期が早いのは、極早生の白肉品種「ちよひめ」「はなよめ」で、満開後70日頃(関東では6月中旬頃)から収穫できる。

 モモの生産、消費を増やすためには流通期間の拡大が有効と考えられるため、より収穫期の早い品種が求められている。
 農研機構は、今回「ちよひめ」より早く収穫できる極早生の白肉品種「ひめまるこ」を育成。
 このモモは「ちよひめ」より9日程度早く収穫でき、果肉は170g程度と「ちよひめ」よりやや小ぶり。糖度は15%と「ちよひめ」より1%程度高く、酸味は少ない極早生品種としては食味が良好。「ひめまるこ」の苗木は、日本果樹苗協会と許諾契約を締結した果樹苗木業者から、令和2年秋より販売される予定。

結実した「ひめまるこ」「ひめまるこ」の大きさ

(写真)結実した「ひめまるこ」/「ひめまるこ」の果肉と大きさ

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ