想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

東京で奈良県産イチゴの試食販売 奈良県農林部2020年1月24日

一覧へ

 奈良県農林部マーケティング課は1月31日から2月2日にかけて、東京日本橋「奈良まほろば館」で、奈良県産イチゴの「古都華(ことか)」「アスカルビー」の試食販売会を開催する。

古都華(ことか)アスカルビー奈良県が育成したイチゴの「古都華(ことか)」(左)と「アスカルビー」

 この試食販売会に出品されるイチゴのうち、古都華(ことか)は、「いつ食べても美味しい」イチゴを目指して奈良県が育成した品種で、糖度と酸味が高く、味わいは濃厚で、フルーティな甘い香りが特徴。濃い赤色で、果肉しっかりとしていて食べ応えがあるという。また、アスカルビーは、奈良県が育成し、2000年に品種登録されたロングセラーのイチゴで、丸みのある円錐形で、粒ぞろいが良く、水分が豊富で口に含んだ瞬間に果汁があふれ出るジューシーさが幅広い世代に親しまれている。

 試食販売会の概要は次のとおり。
▽日時 1月31日(金)13時~17時
    2月1日(土)・2日(日)11時~17時
    ※商品がなくなり次第、終了

▽場所 奈良まほろば館 
    東京都中央区日本橋室町1-6-2
    日本橋室町162ビル1階 電話03-3518-3933)

【関連リンク】
奈良まほろば館

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る