野菜・果物 ニュース詳細

2020.01.24 
東京で奈良県産イチゴの試食販売 奈良県農林部一覧へ

 奈良県農林部マーケティング課は1月31日から2月2日にかけて、東京日本橋「奈良まほろば館」で、奈良県産イチゴの「古都華(ことか)」「アスカルビー」の試食販売会を開催する。

古都華(ことか)アスカルビー奈良県が育成したイチゴの「古都華(ことか)」(左)と「アスカルビー」

 この試食販売会に出品されるイチゴのうち、古都華(ことか)は、「いつ食べても美味しい」イチゴを目指して奈良県が育成した品種で、糖度と酸味が高く、味わいは濃厚で、フルーティな甘い香りが特徴。濃い赤色で、果肉しっかりとしていて食べ応えがあるという。また、アスカルビーは、奈良県が育成し、2000年に品種登録されたロングセラーのイチゴで、丸みのある円錐形で、粒ぞろいが良く、水分が豊富で口に含んだ瞬間に果汁があふれ出るジューシーさが幅広い世代に親しまれている。

 試食販売会の概要は次のとおり。
▽日時 1月31日(金)13時〜17時
    2月1日(土)・2日(日)11時〜17時
    ※商品がなくなり次第、終了

▽場所 奈良まほろば館 
    東京都中央区日本橋室町1−6−2
    日本橋室町162ビル1階 電話03−3518−3933)

【関連リンク】
奈良まほろば館

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ