Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

県産玉ねぎの消費拡大目指し新商品を開発 丸秀醤油2020年7月7日

一覧へ

丸秀醤油(株)は、新型コロナウイルスの影響で佐賀県産玉ねぎの出荷量が減少し廃棄されているため、同県産玉ねぎを多数使用した新商品を開発した。

豆乳と玉ねぎの白ドレッシング豆乳と玉ねぎの白ドレッシング

開発したのは「豆乳と玉ねぎの白ドレッシング」。内容量150mlで価格は税別500円。6月上旬から販売を開始した。

新商品は、甘みの強い佐賀県産新玉ねぎをじっくり火にかけ、県産大豆フクユタカを大量に絞った豆乳と合わせ、レモン果汁を加えた酸味が特徴。玉ねぎのすりおろしを原材料全体の約40%使い、化学調味料・保存料・着色料などは不使用で素材の味と色を生かした。フレッシュサラダ、野菜スティック、温野菜などのほか、カルパッチョや冷製パスタにも使える万能調味料。

県産玉ねぎは、新型コロナウイルスの影響で飲食店や学校給食などに出荷されず、やむを得ず廃棄されている状況となっている。丸秀醤油(株)は、佐賀市内に本社を置く食品メーカーとして県産玉ねぎの消費に貢献したいと考え、今回新商品を開発したもの。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る