金融・共済 ニュース詳細

2017.05.30 
協同組合間連携の活発化 AOA理事会一覧へ

 JA共済連が加盟している国際協同組合同盟(ICA)の保険部門、国際協同組合保険連合(ICMIF)の地域協会の一つ国際協同組合保険連合アジア・オセアニア協会(AOA)の理事会が5月30日、東京都千代田区のJA共済ビルで開かれた。AOA副会長らが来日し出席した。

出席した主な組織代表。左からクリフ・ブラックICMIF理事・AOA理事(ニュージーランド)、勝端保AOA会長、メイ・ダワトAOA副会長(フィリピン)、ポディ・A・キリワンデニヤAOA副会長(スリランカ) 理事会は、今年10月18日にロンドンで開催されるAOA総会での次期2か年(18~19年度)の活動計画の決定に向けた議題整理のため開いた。東京での開催は約10年ぶり。理事らは協同組合間の連携を活発化し、連携を深めていくことを再確認した。
 勝瑞保AOA会長(JA共済連代表理事理事長)は、「特に開発途上国における我々の取組みである「マイクロインシュアランス(少額短期保険)の普及活動」について活発に議論した」とコメントした。
 AOA理事らは幕張研修センターを見学。31日から大分県の別府リハビリテーションセンターなどを視察予定。
 幕張研修センターには建物共済審査員を育成するため、地震など自然災害の損傷状態を再現した建物のモデルがあり、地震被害のあるニュージーランドやフィリピンの会員組織にとって関心が高い。またリハビリテーションセンターは、保険会社や共済組織で身体の回復や心のケアを支援する施設を保有する事例が世界的にも稀なため、視察することとなった。
(写真)出席した主な組織代表。左からクリス・ブラックAOA理事(ニュージーランド)、勝瑞保AOA会長、メイ・ダワトAOA副会長(フィリピン)、ポディ・A・キリワンデニヤAOA副会長(スリランカ)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ