農薬 ニュース詳細

2016.11.04 
ムカデは2タイプの剤型で。スズメバチは動き封じる ムカデ、スズメバチ殺虫剤販売 フマキラー 来年2月一覧へ

 フマキラーは来年2月上旬から全国でムカデやスズメバチを対象とした殺虫剤を販売する。

◆ムカデカダン

 ムカデにかまれると赤く腫れたり強い痛みを伴ったりする。ムカデの毒はハチと似た成分が含まれているためアナフィラキシーショックを起こすこともあり注意が必要。ふだんはコンクリートの隙間などにいるが、餌の昆虫を探すために室内に侵入することがある。
 同社は殺虫効果の高い薬剤を喫食させ駆除する誘引駆除剤を、錠剤タイプ「ムカデカダン 誘引殺虫粒剤300g」と容器タイプ「ムカデカダン 誘引殺虫剤 8個入」の2タイプ販売する。庭や花壇周りなど広範囲に散布する際は粒剤タイプ、玄関や屋内など隙間やペットの通り道など粒剤を散布できない場所には容器タイプを置き、使い分けができる。なお容器タイプは雨の中でも使え、屋外でも効果が約1か月持続する。
 ムカデの他、ヤスデ、ゲジ、ダンゴムシなどにも効く。
 

◆カダン スズメバチバズーカジェット

 この製品の特長はスズメバチの羽ばたきを抑制して行動を停止させる成分を配合していること。このため飛び回るスズメバチの動きを封じて駆除できる。またバズーカノズルを使っているため、薬剤が勢いよく噴射され、大量に遠くまで届かせることができる。
 さらに別の使い方として、巣をつくりそうな場所にあらかじめ噴霧し、殺虫成分の残効性で巣作り予防にも役立てることができる。
 スズメバチの他、アシナガバチ、アブ、ガ、クモ、ムカデなどにも適用する。
 同社は巣の処理について、皮膚の露出しない防護服、手袋、長靴、保護メガネ(いずれもスズメバチ用)を必ず着用すること。ハチが巣に戻りおとなしくなった日没後に行う事、使う際は未使用品を用い、使い切ること。さらには1本以上予備を用意すること。直径25cm以上の大きな巣などは専門の駆除業者に相談することなど注意を喚起している。
 
 両商品の問い合わせ先は、フマキラー(株)お客様相談室 電話:03-3255-6400、または0077-785-555まで。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ