農薬 ニュース詳細

2017.11.10 
恒例の虫供養を浅草寺で 農薬工業会一覧へ

 農薬工業会(西本麗会長)が主催する晩秋恒例の虫供養が11月8日、東京・台東区の金龍山浅草寺本堂において、しめやかに執り行われた。

浅草寺で行われた虫供養

 虫供養は殺虫剤など、創薬に関わる研究開発の途上や、圃場での病害虫防除実施により殺滅した昆虫(法名:蟲之霊位)の冥福を祈念し、併せて業界の発展を祈願する恒例の行事だ。
 第1回虫供養は、農薬工業会設立直後の昭和30年に執り行われた。以降、昭和31年を除き毎年実施されてきており、今年で62回目を迎えた。
 浅草寺本堂には、農林水産省など官庁関係者、植物防疫団体等の業界関係者、農薬工業会役員・会員など約80名が参列した。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ