栽培技術 ニュース詳細

2017.10.04 
イネ縞葉枯病でフォーラム 農研機構がさいたま市で一覧へ

 農研機構は12月6日、関東地域マッチングフォーラムを開き、イネ縞葉枯病の克服に向けた最新防除技術や生産現場の取り組みについて、講演やパネルディスカッション、防除成功事例の紹介や技術相談、ポスター展示などを行う。農水省と共催。場所はさいたま市のソニックシティホール。

 フォーラムは研究機関の開発技術を生産現場に迅速に普及定着させるため、生産者、普及機関関係者、研究者などが双方向の情報交換を行なうために開く。
 講演内容と申し込み方法は次の通り。(かっこ内は報告者名と所属)

【講演】

∇「産地に応じたイネ縞葉枯病の総合的防除対策」
(柴卓也=農研機構中央農業研究センター虫・鳥獣害研究領域虫害防除体系グループ)

∇「福岡県京都地域におけるイネ縞葉枯病の克服~薬剤防除を中心とした産地一帯の取り組み」
(國永卓利=JA福岡京築営農部)

∇「農研機構のイネ縞葉枯病抵抗性品種の開発・実用化戦略」
(山口誠之=農研機構次世代作物開発研究センター稲研究領域長)、(出田収=同西日本農業研究センター水田作研究領域水稲育種グループ長)

∇イネ縞葉枯病抵抗性品種「彩のかがやき」を活用したJAほくさいの取り組み
(木元啓=JAほくさい営農部営農部長)

∇「イネ縞葉枯病に関する情報サイトの紹介と実演」
(奥田充=農研機構中央農業センター病害研究領域リスク解析グループ)


【申し込み方法】
11月24日までに参加申し込みページから事前登録する。詳しくは、http://www.naro.affrc.go.jp/event/list/2017/10/077236.html。または名前、所属、連絡先を記入し、下記へファクスで。農研機構中央農業研究センター産学連携室(〒305-8666茨城県つくば市観音台2-1-18 fax029-838-8574)。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ