左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農文協ブックレット「脱原発の大義」

一覧へ

農文協ブックレット「脱原発の大義」
著者
農文協 編
発行所
農山漁村文化協会(農文協)
発行日
2012年5月10日
定価
840円(税込)
評者
森島 賢(元東大教授)
 本書は、「まえがき」に書いているように、福島原発事故が顕わにした被害のまがまがしさと、復興の無責任体制と、それに加えて、原発が立地する地域を「麻薬の経済・財政構造」に陥れた不条理を、「満身の怒りを込めて」告発している。  16人の著者による合作で、それぞれが短い文章で、鋭い分析を加えている。そして、不条理への怒りを全編にみなぎらせている。

原発は地域経済を麻薬づけにする

◆麻薬の経済・財政構造

 本書は、「まえがき」に書いているように、福島原発事故が顕わにした被害のまがまがしさと、復興の無責任体制と、それに加えて、原発が立地する地域を「麻薬の経済・財政構造」に陥れた不条理を、「満身の怒りを込めて」告発している。
 16人の著者による合作で、それぞれが短い文章で、鋭い分析を加えている。そして、不条理への怒りを全編にみなぎらせている。
 それらを全て論評する力は評者にはない。ここで取り上げたのは、そのうちの一部である「麻薬の経済・財政構造」である。


◆原発に犯されそうな地元

 麻薬の構造を、もっとも分かりやすく示したのは、開沼博が指摘しているように、原発事故直後に行われた新潟県の県議選である。原発立地地域の柏崎・刈羽選挙区の選挙の結果は、2人の原発推進派が当選し、1人の脱原発派が落選した。脱原発票は29.9%で、3割に満たなかった。
 原発立地地域には、いわゆる電源3法で、莫大なカネがバラまかれている。それは、経済発展に見放された地域にとって魅力だ。ここに政治が目をつけて、汚いカネをバラまいた。汚いというのは、使い道だけではない。このカネは合法的かつ自動的に国民に請求できる、という不条理をさす。このあたりは、以下のように岡田知弘が生き生きと描いている。


◆止められない麻薬

 このアブクのようなカネは、最初は使い切れないほど多く、地元経済をマヒさせる。しかし、原発が完成すると打ち切られる。それに代わるのが固定資産税だが、これも原価償却で次第に少なくなる。
 そこで、立地自治体はカネに困って、原発の増設を要求する。まさに原発は麻薬で、いちど吸うと止められなくなるという。もっと大量に吸いたくなる。こうして麻薬が拡大再生産され、それに汚染されて、心の奥深くまで蝕まれる。そして、子や孫までも、生命の危険に曝される、という。


◆地元で吸収する雇用は少ない

 このカネのもう1つの特徴は、雇用を生む力が弱いことである。
 原発は装置産業だから、少人数の高度な労働者だけでいい。だから、地元にカネを落として、地元経済を潤す力が弱い。街並みは、シャッターを下ろしたままで放置される。
 また、装置産業だから、高い技術をもった労働者が高い賃金で雇用される。少数の若い優秀な人だけが吸い取られる。農家の子弟も吸い取られてしまう。
 これは経常の運転をしているときで、度々ある点検の時には、不正規な労働が必要になる。これも受け皿は農家の人たちである。
 こうした歪んだ形で、原発は地元の経済に、そして、農家に深く組み込まれるている、という。


◆怒りを込めた告発

 このような状況の中で、しかし地元の多くの農業者は、原発のない地域を目指して再建に奮闘している。その姿を現地で見て、全編でさまざまに活写している。
 再建のために何をなすべきか。政治を動かすしかないだろう。そのために何よりも大事なことは、いまの反原発運動を、政治を動かす力に組織化することだろう。その理論の追求に、もう少し紙数を費やしてほしかった。
 それにしても、本書のように、原発の不条理を、怒りを込めて告発し続けねばならないだろう。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る