左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

虫への祈り―虫塚・社寺巡礼

一覧へ

虫への祈り―虫塚・社寺巡礼
著者
柏田雄三
発行所
創森社
定価
2200円(税別)
評者
 虫塚・寺社探訪のガイド本。昆虫芸術研究家の柏田雄三氏が著した「虫への祈り―虫塚・社寺巡礼」(創森社刊、2200円・税込)が出版。全国各地の虫塚や虫供養塔を巡り、その由緒や歴史をまとめた一冊だ。

 日本には針塚や筆塚、橋供養碑や鯨塚、蚕の塚など、身の回りの品々から生きものに至るまで、"森羅万象"を供養する文化がある。同書は、虫の供養に焦点をあて、全国津々浦々にある虫塚、虫供養塔の由緒や歴史などをまとめた。

 現地でのインタビューや文献調査を通じて虫塚建立の目的や動機を掘り下げ、人と昆虫のかかわりを文化的側面からとらえる学問ジャンル「文化昆虫学」の研究にも連なる内容となっている。
 蚕(群馬県・東京都・京都府等)や蜜蜂(岩手県・千葉県等)に加え、ウンカ(石川県)、ニカメイチュウ(香川県)、カメムシ(福井県)、イネツトムシ(長野県)、アブラムシ(栃木県)、サンカメイチュウ(熊本県)、ミバエ(沖縄県)など農業に関わる虫塚や供養塔も数多く紹介して。また、虫を表した歌碑や句碑、虫の名前を冠した寺社も取り上げており、豊富な写真と所在地・アクセス情報とともに、虫塚・寺社探訪のガイドブックとしても使える。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る