生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

【コラム・キサクな老話】人間が地球を変える2013年11月26日

一覧へ

【一般社団法人・農協協会会長 佐藤喜作】

 9月28日各新聞が、今世紀末には温暖化が進んで気温が最大4.8度上昇し、海面水位はなんと82cmも高くなるという。国連の気象変動に関する政府間パネル(IPCC)が、異常気象が人間活動で異常を齎(もたら)していると発表した。

 今年を振り返ってみても、その異変ぶりから素直に実感として同意できることである。今世紀末の世界平均気温は0.3~4.8度上昇し、平均海面水位は26~82cm上昇という驚愕するものである。平均気温は過去132年で1年当たり0.0064度上昇しており、海面水位は109年で1年あたり0.174cm上昇した計算になる。
 一方、大気中の二酸化炭素濃度は236年前に比べ約40%増加し、温暖化原因である確率は95%以上という。今年の農作物でも日負け(暑さ)や雨負けで散々であったし、漁師の話では魚がいないという。特に水底の低温に住む魚がやられているのではないかと嘆いている。

 わが少青年時代は、常に冷害対策が東北農業最大の問題であった。冬の雪も粉雪が多く、日本海から吹雪く風で吹き溜まりでき、これが破れず、大人から道つけをしてもらって通学した。暖房もなく囲炉裏で暖をとるが、多くの子どもはしもやけで手足を赤く腫らせ、それが崩れて雪火傷(ゆきやけ)になっていた。軟膏薬もあまり効かず、早い春を待ちわびたものだ。
 当時は寒冷時代であったのだろう。各建物からはタロッペ(氷つらら)が下がり、それを刀にチャンバラごっごで遊んだ。しかし、夕方帰宅して暖かくなると、ゆきやけが痛痒くなり、泣き顔になってします。寒さ故に道路は踏み固まらず、ぞくぞくして歩くのも大変であった。

 そんな辛い思いがあるが、この温暖化とどう取り組むのか。二酸化炭素排除ということで原発再稼働というのだけは絶対に許せない。改めて人間の生き方、消費活動にメスを入れ、地球以外には住めない人間として大革命運動をスタートさせる時を迎えたと思うが、相変わらず経済活性化ばかりでは困ったものだナー。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る