生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

【コラム・キサクな老話】稲で出来た生理帯2014年2月28日

一覧へ

【一般社団法人・農協協会会長 佐藤喜作】

 先に書いた暖かい藁布団の原稿に入れようと思ったが、少し気が引けて省略したが、稲の活用の広さを認識してもらう事が未来の日本文化、農業に影響すると考えると恥を忍んでこの稿を発表する。前項では主として藁の活用、用途を生産資材として藁仕事と関連づけて述べた。

 考えて見ると、昔の農家は日常生活は総て藁の中で埋もれていたと言っても過言にならない。先ず住居を見る。藁葺き屋根、土壁には亀裂防止の切り藁が入り、筵や畳、円座、神棚の注連縄、赤ん坊のえつこ、藁で作った玩具、飾り置物、飯櫃、鍋敷、藁布団そして飯焚きの燃料、家畜の飼葉等、総てに近い用具が藁で満たされている。そして神仏母な行事、冠婚葬祭にも欠かすことの出来ない藁で、その役が済めばこれらはやがて肥料としてる墳墓の耕地に帰るのである。しかし都市では単なる米だけの問題で美味いの不味いの高いの安いと論していればよかったのである。
 さてそんな中で気がかりだったのが、女性の生理時にどんな対応をしていたか? 年に一回などではなく毎月の対策が必要である。昔幼児をえつこの入れる場合、オムツなどに回す木綿などないから、細長い川藻か海藻を乾燥して揉んで柔らかくした「もく」使用この下には茣蓙を小さく切って灰を挟みいれておけばおしっこは灰に染み込み肥料にし、ウンチは「もく」につき、子どものお尻も汚れず、もくは川で洗い干して何回も使用する。
 私は婦人の使用する生理帯もきっと自給している筈と思い、それは藁の利用では無いかと想像したので、暇があれば各所の村の博物館など探してみた。そして秋田県の美里町で見付けたのである。しかし藁ではなく、稲の苗を材料にしている。丁度植え頃の水稲苗を根を含めて乾燥し、軟らかく柔らかく打って長民ひし形にし縄で紐にしていた。藁の予想は崩れたが、考えれば藁葉であった。だれがこれを発見創造したのか昔人の知恵に脱帽するだけである。稲はやっぱり万能だナー。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る