人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【拉致帰国者のいまにひとこと】75歳になったジェンキンスさん2015年12月14日

一覧へ

【金右衛門】

 元米国陸軍兵士ジェンキンスさんは、佐渡島に定住して10年になる。北朝鮮に拉致された曾我ひとみさんの夫である。75歳、家庭菜園が趣味。家の周りの畑でクボタのトラクターを動かして野菜を栽培している。サツマイモ、大根、ホウレンソウ、夏はトマト、きゅうり、なす、じゃがいも等ほとんどの野菜を作る。だが、野菜は嫌いで自分では食べないという。近所に配たり、妻の曾我さんが老人ホームで働いているので、持って行って無料で配るのが喜ばれている。農協などには販売しないという。

 冬の佐渡を旅したとき、真野の旅館に宿泊した。
 ジェンキンスさんの通訳を担当した友人がその町に住んでいる。旧交を温めるために声をかけたらジェンキンスさんを連れてきた。懇親会風に対面して座敷に座ったが、畳に長く座るのは辛いらしい。日本語はしゃべらない、佐渡の美味しい刺身も食べない。ビールや日本酒は口にするが、宴会食にはあまり手を付けない。通訳以外の我々には警戒感があるようでなかなか打ち解けた宴会にはならなかった。19歳と21歳の二人の娘さんを佐渡に連れてきたが、10年経って30歳前後の女性に成長した。一人は新潟の青年と結婚、もう一人は新潟の保育園で働いている。佐渡島に残された夫婦2人の生活は平均的な日本人と同じだ。但し、家族の会話は日本語でなく朝鮮語でするという。
 平日は佐渡観光施設の売店で、お菓子の販売員をしている。ジェンキンスさんは名物売り子だから売り上げは多い。普通の売り子より時給も高いはず。社長から近日中に呼び出しを受けているという。契約の更改時期が来て、後期高齢者になったので、首になるか心配だという。働き者だがナイーブな性格のようだ。辞めさせられることはないよとジェンキンスさんを励ます宴会になった。
 機械が好きで、北朝鮮ではエンジンを組み立てたという。軽自動車を運転し、バイクはホンダ。お酒は特売の安酒を好む。朝はパンと牛乳、昼はサンドイッチ、夜は野菜抜きの普通の日本食という。日本へ来たときは痩せていて48kgの体重が、今72kg、医者からダイエットを言われている。北朝鮮と日本の食糧事情の差を推測することができる。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る