左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【森島 賢・正義派の農政論】5G問題から見える社会主義の優位2019年11月18日

一覧へ

【森島賢】

 新しい通信技術である「5G」をめぐる市場獲得競争が、中米両国の間で激しく行われている。基礎技術であるだけに、その及ぼす影響は極めて大きい。
 そしていま、米国が中国に押され気味である。中国製品のほうが米国製品よりも安価だからである。これでは米国は中国に勝てない。米国は焦っている。
 なぜ、そうなったのか。

5G問題の図

 米国は、中国の情報技術会社である華為(ファーウェイ)の5G技術を使った製品を、政府が調達しないことにした。そうして、政府の調達だけでなく、民間にも、さらに他国にも協力を要請している。そうして、世界の市場から華為製品を排除したい、と考えている。つまり米国は、情報の分野で、世界の覇権を握ろうと目論んでいる。
 そこで上の図は、米国のこの要請に対して、世界の各国が、どのように協力しているか、あるいは拒否しているか、を英国のBBC放送が整理したものである。先日はBS日テレが、これを加工して放映していた。

 この図から分かるように、米国の要請に積極的に協力している、とBBCが評価しているのは、日本の他には台湾とオーストラリアしかない。消極的な協力でさえ、カナダとニュージーランドの2国だけである。
 その他の国は、拒否したり、消極的に拒否したり、戸惑ったりしている。
 これでは、米国は世界の覇権は握れないだろう。そうなると今後は、どうなるか。ほとんど全ての技術で基礎的な役割を果たす情報技術の分野は、中国が握ることになるだろう。その結果は、技術だけでなく、経済や政治にまで中国の覇権が世界中に広がっていく。米国の深刻な危機感は、ここに根ざしている。
 なぜ、このようなことになったのか。

 ことは単純で、かつ明快である。中国の5G技術を使った製品のほうが安価だからである。だから、米国は市場競争で中国に負けてしまう。
 では、なぜ中国製品のほうが安価なのか。
 それは、技術開発のために、国家が多額の資金を投入しているからである。
 それは、なぜか。
 それは、中国が社会主義国だからである。政治が国家資金を使って、生産を掌握するのが社会主義である。そうして、社会全体の利益のために生産を行っている。
 だから、生産によって得られた利益は、社会全体に、つまり国民全体に平等に分配される。

 これに対して、資本主義はどうか。社長が、株主の、つまり資本家の私的資金を使って、資本家の私的利益のために生産を行っている。
 だから、大多数の国民は、資本家の私的利益を得るための搾取の対象でしかない。
 しかもいまの社長は、任期中に自社の株価を上げることしか考えない。株価が上がれば、多額の報酬がもらえるからである。つまり、社長の私的利益になる。これでは、基礎技術の開発のための長期投資はできない。

 以上、5G問題で見えてきたことは、社会主義の資本主義に対する優位である。
 日本はどうか。日本は、たそがれの資本主義国である米国に忠実に追従する、数少ない、そして情けない国に転落しようとしている。そうして、世界中から嘲笑を浴びようとしている。
(2019.11.18)


(前回 中米間抗争のゆくえ

(前回 沈黙する若者たち

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る