Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA全中中央SP

(230)外から見た日本【三石誠司・グローバルとローカル:世界は今】2021年5月7日

一覧へ

「日本と日本人が海外からどう見られているか」は、いつの時代でも気になる点ですね。少し古いですが、2015年に外務省がヨーロッパにおいて実施した調査結果を見つけましたので、掘り起こしながら考えてみたいと思います。

外務省が実施した調査(Image of Japan in five European countries)は、2015年10月27日から11月20日にかけて、イギリス・フランス・ドイツ・スペイン・ポーランドの18歳以上2500人に対し電話インタビューを実施したものだ。コロナ前の話でもあり、既に5年以上の時間が経っているため多少の変動はあるだろうが、これらの国の人々が持つ日本に対するイメージをそれなりに映し出していると考えられる。

結果は現在でも公表されているが、頁数が70頁になるため、ここでは1枚の要約版(注1)の中で気が付いた点を紹介しつつ検討してみたい。

日本人の印象や、日本が重要なパートナーであり、日本人が平和を愛する国民であることなどは当局が実施した調査ということを割り引いても、概ね予想通りである。いずれも7~9割の肯定的な答えが示されている。調査対象者の57%が外国語を学ぶことに関心があると答え、学びたい外国語の中では、スペイン語、フランス語、ドイツ語、に次いで日本語が来ていることなどは意外であったが素直に嬉しい。

さて、本題に入ろう。

「日本のイメージ」はどうか。返答は直接上記のアドレス(注1)を見て頂くのが一番だが、そのまま訳せば、

1)偉大な伝統と文化(93%)、
2)強い経済と高度な技術(90%)、
3)第二次世界大戦以降の平和を愛してきた軌跡(75%)、そして、
4)美しい自然(75%)、

である。

このうち、3)は非常に重要なポイントだがここでは脇へ置いておく。4)も中長期的にはともかく今のところ問題はないと考える。問題は1)と2)である。

調査対象者が持つ日本のイメージとして、「偉大な伝統と文化」が「強い経済や高度な技術」とともに圧倒的な割合を占めただけでなく、前者が後者を上回る点だ。これをどう理解するか、である。

こうした調査の結果を理解するには、母集団の属性が重要なポイントとなる。年齢や性別、職業、居住地域から思想・信条まで、属性を判断する要素は沢山あるが、ここではざくっとまとめてみたい。対象各国はいずれも古くて複雑な歴史を持ち、それを乗り超えて今日に至る国々である。各々の国民が自らの国と民族、そして伝統や文化に誇りを持っているはずである。だからこそ、言語や宗教、民族が異なる日本に対して同様な意識を持つ国として認めてくれたのではないかというのが筆者の感想だ。

これは裏返して言えば、他国や他人の真似事をするだけではいけない...という事でもある。スペインとイギリスは大航海時代以来、世界中に進出して活動していたし、ドイツは北海とバルト海、ポーランドはバルト海という海を持つだけでなく、隣国同士、内陸でも様々な複雑な歴史を抱えてきた。一言で言えば、いずれの国も他国と戦いの中で生き残ってきた歴史がある。当然のこととして心の底にあるのは、自らの歴史を踏まえた伝統であり文化である。それは時にエスニック・ジョークのような形で皮肉られることもあるとはいえ、やはり一面の真実を現しているからこそ、口から口へと伝えられる。

さて、日本と日本人の歴史、そして「伝統と文化」をここで述べるのは筋違いであろうが、こういう指摘はできるかもしれない。ヨーロッパ人が日本人に対して良いイメージ、とくに「偉大な伝統と文化」を評価したとしたら、それはどのような環境にあっても自らの伝統や文化を良い意味でしっかりと確立しているからこそ、であるという点だ。

振り返ってみると、筆者が意識して日本の歴史、伝統と文化を学んだのは、海外に滞在している時の方が国内にいる時よりも多い。外に出ればわかるが、自分は何者かという問いを24時間365日、否応なしに突きつけられる。そこで、その人間が試される。国際交渉の類は何度も経験したが、最後はテクニックではない。相手を人間として信用し、尊敬できるかが決め手となることが多かった。その際に必要なのは相手の伝統や文化を尊重すること、そして、自らの伝統や文化と言えるものを相手が理解してくれる形で示すことができるかどうかである。ここまでくれば落としどころは自然に見つかるし、交渉の出口も見える。

*  *

伝統や文化に自ら「偉大な(great)」という形容詞を付けるかどうかはともかく、日本に確立した伝統や文化が存在すると各国が理解しているとすれば、食料や農業分野においても、そこは同じです。それでこそ、意味があるということになるのではないでしょうか。

注1)https://www.mofa.go.jp/files/000165388.pdf

本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。
三石誠司・宮城大学教授のコラム【グローバルとローカル:世界は今】

global_1600_900.jpg

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る