Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界に誇れる「ちゃんぽん」文化【消費者の目・花ちゃん】2021年8月4日

一覧へ

コロナ禍のオリンピックが開幕しました。開会式は歌舞伎とJAZZピアノ、木やり唄とタップダンス、欽ちゃんの仮装大賞を彷彿とさせるピクトグラムをテーマにしたパントマイムなど、これでもかと詰め込んだおもちゃ箱のような楽しい内容でした。伝統文化と外来文化が「ちゃんぽん」になっているのは、日本のありようそのものだと感じました。

極めつけは入場行進で流れたゲーム音楽で、「ちゃんぽん」文化の中に生まれた、世界に誇れる文化だと思います。結婚したての頃、妻と一緒に睡眠を削りながら夢中でドラゴンクエストに興じていました。今から30年以上前の話ですが、ドラゴンクエスト「序章:ロトのテーマ」でギリシャ選手団が入場してくると、ゲームの世界感がよみがえってきて、思わず胸が熱くなりました。

精神的にも肉体的にも健康に生きるためには、文化・芸術とスポーツが無くてはなりません。コロナ禍にあって我々は文化やスポーツに触れる機会を著しく制限されていますが、TV画面越しとはいえ、選手たちの思いや鍛え上げられた肉体の躍動は十分感じられます。若い世代がめざましい活躍をしているのを見ると、日本の将来も捨てたものではないなと感じます。

自国の選手の活躍を見るのはうれしいものですが、事前合宿を受け入れたホストタウンと各国の選手たちの交流のニュースには心が温かくなる思いがします。コロナ禍でやむなく受け入れを断念した市区町村は本当に悔しかったと思います。ボランティアも然り。本当はやらせてあげたかった。ホストタウンやボランティアで大会に参加できるのは自国開催ならではの特権だからです。コロナ感染が拡大する中、無事閉会を迎えられることを祈るばかりです。

本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。
【消費者の目:花ちゃん】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る