左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

「ひこばえ」がプラスティックの原料米になる日【熊野孝文・米マーケット情報】2022年3月15日

一覧へ

「ひこばえ」という言葉を知らないコメ業界の人も多くなった。ひこばえとは漢字で蘖と言う難しい字を書く、邦字では孫生えと書き表せる。いわゆる二番穂のことで学術的には再生稲と称される。この再生二期作稲の栽培方法のことを知ったのは2年前に農研機構/九州沖縄農業研究センターが10a当たり1.5tの収量を上げたというニュースを報じたからである。
今年、コメをプラスティックの原料にしようという二期作の試みが福島県浪江町で始まる。

colu19_komemarket

浪江町で再生稲の栽培に取り組む会社は、(株)バイオマスレジンホールディングスのグループ会社でコメ作り等を行うために昨年設立された(株)スマートアグリ・リレーションズ(福島県双葉郡浪江町 中谷内美昭社長)である。同社は、昨年浪江町の水田4haでコメ作りを行い30t生産した。今年は10haに面積を拡大、その中で低コスト稲作の一つの手段として再生稲のテストを行う。一般的なコメ作りと違う点は、使用用途がプラスティックの原料になるライスレジンを生産することで、主食用米と違い食味は関係ないため「収量を最大限アップする」ことを最大の目標にしていることである。このため低コスト栽培方法として再生稲栽培だけでなくドローンによる直播など最新の栽培技術の適用の可能性を検討している。

そもそもコメ原料のプラスティックとはどういうものかと言うと、分かりやすく言うとコメを糊化させてそれに樹脂を混ぜてライスレジンという商品を作る。プラスティックは温めると柔らかくなり冷めると硬くなるが、コメも同じように糊化させ温めると柔らかくなり冷めると硬くなる。こうした共通する特性があるためバイオマスの原料としてコメは適性が高いという。コメを原料にして樹脂を混ぜたライスレジンの特徴は①国産米を使用したプラスティックである②価格は石油系プラスティックと同等(ポリ乳酸、バイオポリエチレン等より安価)③インジェクション成形はもちろん、インフレーション、シート成形など各種成形が可能という3つのメリットを上げている。各種成形が可能だという事で汎用性が高く、レジ袋からスプーン、ナイフ、皿、ランチボックスなど食事用品、収納用品、おもちゃなどにも使われている。中でも赤ちゃん用の「お米で出来たおもちゃ」は130万個も売れるヒット商品となっている。石油系プラスティックの削減はいまや世界的なうねりになっており、日本も2030年までに約200万tを削減するという大目標を掲げている。こうしたうねりの中で同社の目標も高く、2025年までにバイオプラスティックを10万t供給するという目標を立てている。すでに南魚沼工場で年間3000tを生産しているが、今年秋口には福島県で第二工場や竣工、続いて熊本にも工場を建設する計画で将来的には国内で10工場に加え海外でも製造拠点を設けるという大きな構想を描いている。

設立当初に使用していた原料米は2019年の台風19号で水害に遭った栃木県などの被害米やコメ加工品メーカーの搗精(とうせい)過程で発生する砕米、さらには酒米搗精で発生する吟醸粉などを使用していた。南魚沼に工場を建設したのもこうした新潟県が日本一のコメどころで原料米が手に入りやすいと判断したことによる。しかし、将来的に10万tものライスレジンを作るとなるととてもそうした低品位の原料米だけでは賄いきれない。そこで同社は政府備蓄米やMA米の買受を農水省に打診する一方で自らもコメ作りに乗り出すことにした。新潟県では南魚沼の他、委託契約として三条市にも原料米栽培地がある。

福島県浪江町では営農組合に委託生産してもらうほか自社で農業生産法人を立ち上げてコメ作りを行う方針で、最終的に「IoTなどを活用して無人でコメ作りを行うこと」を目標にしており、CO2の削減とともに耕作放棄地の活用にもなるというのが同社の主張。

特筆すべきは生分解性プラスティックの研究・開発も進めており、その商品名は「ネオリザ」と名付けられている。この商品は自然界に存在する微生物でCO2と水に完全に分解されるというもので海洋汚染問題を解決できる究極のバイオマスプラスティックである。ネオリザが全てコメで出来るようになれば、その需要は計り知れない。農水省が言うところの「非主食用米」と言う表現にピッタリ当て嵌まる用途になる。

コメの新しい用途として俄然関心が高まっている「ライスレジン」は生産・需要の双方で問題解決の切り札になる可能性もある。


本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

コメ記者・熊野孝文氏のコラム【米マーケット情報】
komemarket_1600_900.jpg

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る