2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

ジェラート大好きなイタリア人 ローマ在住ジャーナリスト・茜ヶ久保徹郎【イタリア通信】2022年8月16日

一覧へ

イタリア旅行をしたことがある人ならローマの街中で大のおとながジェラートを食べながら歩いているのを見たことがあると思います。イタリア人はジェラートが大好き。手作りのジェラートを売る店が美味しさを競っています。

ジェラート大学の授業の様子ジェラート大学の授業の様子

私はジェラートとはアイスクリームの一種で冷たくて甘いお菓子だと思っていましたが、イタリア語でジェラートとは「凍ったもの」。手作りだから果物から野菜、ウイスキーや日本酒まで色々な材料を使って、色々な味を作ることができると知りました。

7月14日、ローマの外国人記者協会でカルピジャーノ・ジェラート大学の学長、伊藤香織さんが記者会見し、ジェラートフェスティバルのワールドランキングを発表しました。

伊藤香織さん(左)らによる記者会見伊藤香織さん(左)らによる記者会見

カルピジャーノとは、イタリアの手作りジェラート作成機器メーカーで、ジェラート作りの専門家を育てる学校を設立しています。卒業生は全世界に広がり、各地に大量生産ではなく手作りの味が楽しめるジェラート屋が出来ました。
同大学は10年ほど前から世界各地でジェラートグランプリを競うフェスティバルを開催し、5000以上のジェラート屋さんが参加、最後に各国・各地の優勝者が集まり、世界トップを競いました。

このランキングで1位となったのが、ローマのメトロC線のマラ・テスタ広場にある手作りジェラート店のオーナー、エウジェニオ・モローネさんです。モローネさんは、イタリア、ヨーロッパで金メダルを獲得、2020年の世界大会でも優勝しており、ジェラートの殿堂入りを果たしました。

学長の伊藤さんは会見の中で、「ジェラート大学はヨーロッパ癌研究財団の健康に良い『SmartFoodプログラム』に参加し、健康促進効果があるジェラートレシピを開発しました。例を挙げますと、洋ナシ、ビート、生姜のシャーベットなど。生姜はポリフェノールに富み体に良いものをたくさん含んでおり、ビートは血流をよくするベタインを、洋ナシは心臓血管系に良い分子をたくさん含んでいます。また、野菜などを使ったガストロノミー・ジェラートは、大学の上級クラスで大切なテーマの一つとなっています。ガストロノミー・ジェラートは甘みを抑えて塩分の入ったジェラートで、普通のレストランでは前菜として出され、日本には専門店もあります」などと説明しました。

ランキング1位のモローネさんランキング1位のモローネさん

実際にどのようなジェラートを作るのか、殿堂入りしたモローネさんに訊ねてみると、次のように話してくれました。
「私は栄養学者と協力して、色々な病気に適したジェラートを作る研究をしています。ちょうど糖尿病の妊婦のために作った、砂糖を使っていない桃とプラムのシャーベットがあるので味を見てください。(口に入れた時は甘さが足りない感じがするが、食べていると果物本来の味がします)。しかし店で売るのは普通のジェラートで、甘くなければ売れません。また、子供には見た目も大切で、私の子供はあまり野菜を食べないので、アイスキャンデーにしてみました。ガストロノミーはレストランのシェフと協力してオードブルなどと併せて食べるように作っています」

糖尿病患者向けの桃とプラムのシャーベット糖尿病患者向けの桃とプラムのシャーベット

食物アレルギーのある人や食事制限を受けている人、ダイエット中の人などが安心して食べられる美味しいジェラートの開発が期待されます。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る