左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

【浅野純次・読書の楽しみ】第77回2022年8月29日

一覧へ

◎共同通信社取材班 『日本の知、どこへ』(日本評論社、1980円)

世界水準からみた日本の科学研究は後退の一途をたどっているようです。企業のいわゆる中央研究所も昔日の面影はなくなっていますが、本書は主に大学の科学研究が危機的状況になっていることを詳細に探っています。

科学研究には莫大なおカネが必要なのに、国の財政が厳しくなるのと軌を一にして研究予算は減る一方です。文科省も問題ですが、科学研究の本質がわかっていない(と思える)財務省の幹部などが、研究予算を削ってしたり顔な風景も描かれてぞっとします。

もちろん一番問題なのは漂流を続ける政策です。予算を減らしても競争さえさせれば成果は生まれるという、政治家と官僚の大間違いをノーベル賞受賞の学者や大学の学長たちがいくら説明しても、政治家や官僚は耳を傾けようとしません。この本はそんな恐ろしい話にあふれています。

共同通信の記者たちが2年近く配信し続けた大型企画をまとめたものだけに、日本の科学研究をめぐる現実が散りばめられていて、唖然とさせられることが多いでしょう。

新自由主義的に日本の科学研究をひねくり回した間違いを修正して、状況を一変させないといけませんが、それも、もはや待ったなし。貴重な現地報告と問題提起の書です。

◎マルコム・グラッドウェル 『ボマーマフィアと東京大空襲』(光文社、1870円)

ハンセル准将はともかくルメイ少将はご存じの方が少なくないでしょう。そう、10万人の死者行方不明者を出した東京大空襲の指揮官で、その後も全国的な無差別爆撃を繰り広げました。そして佐藤内閣から旭日大綬章を受勲した人物です。

本書はこの2人を主人公に、米空軍による日本爆撃の帰すうを見事に描いています。ハンセルは高空から軍事目標を精密爆撃することをめざしました。

そのためには正確な爆撃照準器が必要で、その開発物語も面白い。ただしハンセルの狙いは、吹き荒れる偏西風と雲海のため散々な結果に終わります。

ハンセル更迭後に登場したルメイは、夜間、超低空で市街地上空にB29を侵入させ無差別攻撃しますが、延焼力、殺傷力の高いナパーム弾(焼夷弾)を使って大成功を収めます。

優れた軍人はどちらか。戦争なのだから民間人も初めから殺傷の目標とされて当然なのか。そもそも戦争とは。ウクライナ戦争のさなか、私たちに重い問いを投げかけるドキュメンタリーの傑作です。

◎垣谷美雨 『姑の遺品整理は、迷惑です』(双葉文庫、715円)

今やほとんどの人にとって、親の遺品整理は大問題でしょう。コメディ小説ではあっても、読むほどに身につまされます。 

思い出もたくさん詰まっているとはいえ、愛憎半ばする遺品の山を片付けようと、主人公の中年女性はときに仕事を休み、電車に揺られて郊外の団地まで何度も何度も出かけていきます。

業者に頼むと高くつくからと自力で取り組もうとしたのが間違いのもとで、次から次へと現れてくる物、もの、モノ。姑の意外な顔も見えてきて...。

日用品だけならともかく、大きくて重い電化製品や家具まで自分の手で市の粗大ゴミ出しで片付けようとしたのは、正しい判断だったのか。

わが身にも参考になる点は多いとはいえ、個人的感想ではいかんせんお話が少々長すぎたきらいが。何せ次から次とのしかかってくるのはごみの山ですから、読み進むにつれてこちらも疲れてきてしまった...のかも。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る