左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

アグリツーリズモの魅力 ローマ在住ジャーナリスト・茜ヶ久保徹郎【イタリア通信】2022年9月19日

一覧へ

今年のバカンスはナポリの南100キロほどの町Pollica(ポッリカ)の海岸から10キロ山に入ったアグリトゥーリズモでおいしい田舎料理を食べ、古代ギリシャの遺跡の見学や海水浴をして過ごしました。

アグリツーリズモの魅力

イタリアではグリーンツーリズムはアグリツーリズモ(農業観光)と呼ばれ、自然に親しみ、土地の産物で作られた料理を味わう楽しい施設です。

宿泊客一家の朝食宿泊客一家の朝食

こうしたアグリツーリズモは国の基本法で「土地の特徴ある農業資源の保護、収入の向上と多角化、農村の特色と産物などの維持、再生、特産物と料理の維持のための農業観光」と決められ、「農林畜産業の経営者がそれらを利用して食事、宿泊を提供する」とされています。また、業務範囲を「宿泊とキャンプ場。食事と飲み物の提供。食材、アルコール飲料を含む飲み物は自家製か地域の農園の産物が主でなければならない」としています。そして施設は「既存の農家の全部または1部を使用する」とし、「アグリツーリズモによる収入に掛かる税金は農業法人の扱いとする」、そして活動の範囲は「本来の農業より大きくてはならない。宿泊者は最高10人」などとされ、運用は州政府が州法によって行います。

朝食は手作りのお菓子朝食は手作りのお菓子

ローマのすぐ北に位置するウンブリア州は、『イタリアの緑の肺』と呼ばれる、人口85万人ほどの小さいけれど農業や牧畜が盛んで緑豊かな土地です。アグリトゥーリズモが1339軒あり、うち47%は女性が経営しています。

ウンブリア州のモッローニ参事ウンブリア州のモッローニ参事

ウンブリア州農政担当参事ロベルト・モッローニ氏(知事任命の局長)にアグリトゥーリズモについて話を伺いました。

「ウンブリア州は持続可能な発展の政策により環境を保護しながら農業、農業食品の生産を行っています。 私たちの目的は美しさ、歴史、文化、そして卓越した製品によって生み出されている州のイメージを高めることです. その典型的な製品と優れたサービスの提供を保証できる活動として、ウンブリアのアグリツーリズムは世界を目指しています。 州は、農村開発プログラムの一環として、観光を促進するためにこの分野に投資しています。実際特産のワインやオイル、トリュフ、牛乳、ヘーゼルナッツなどのおかげで、特別なグルメツアーのコースを作ることが出来ます。アグリトゥーリズモでは 魅力的で本物の自然の中に滞在し、私たちの土地でしか体験できない素敵な味と伝統の宝庫を発見する喜びを味わうことができます」

エルミニオさんとエミリアさん夫妻エルミニオさんとエミリアさん夫妻

また、私がお世話になったアグリトゥーリズモ「ラ・マンクーソ」の経営者エルミニオさんはアグリトゥーリズモの魅力を次のように話してくれました。

「私は妻のエミリアと北部で先生をしていましたが、定年退職後、代々続く農園を引継ぎ、アグリトゥーリズモを始めました。現在の建物は以前は一部に使用人が住み、鶏小屋や倉庫に使われていたものを改造し、客室を6室作りました。これは法律による最大の数で改造費は国から補助金が出ました。私たちの農園ではオリーブをはじめ野菜や果物を作っており、提供する食事の材料はほとんど自家製です。パスタも手打ち。魚も近くの海でとれたものです。農園は有機栽培なので殺虫剤などを使いません。そのため作物は虫や鳥などに食べられてしまい、収穫は多くありませんが、お客さんに提供するには十分です」

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る