人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

(330)「しまほっけ定食」雑感【三石誠司・グローバルとローカル:世界は今】2023年4月28日

一覧へ

しまほっけ定食が好きな人は、食べながら考えて頂ければ幸いです。

世の中の変化は、日々の食生活に直結することが多い。ネットニュースが全盛の時代だが、地上波のテレビから思いもかけない情報を得られることもある。丹念に調べればネットではかなり前に流れていたこともよくあるが、受け取る本人がそこまでフォローできていなければ、実のところ情報ツールの新旧は余り変わらない。

今週は遅まきながらあらためて確認した内容である。

筆者はある時期、大手外食チェーンのしまほっけ定食をよく食べた。自宅近くの店舗に行くと、現在の価格は1,000円(税込)である。

このチェーンは海外にも出店しているので、早速ニューヨークの価格を調べてみたところ、25ドル、ここでまず「うーん」となる。TEISHOKU SET(定食セット)には、ごはんと味噌汁に加え、小鉢のサラダ、漬物「homemade pickles」が付く。ちなみに鯖の塩焼きにすると価格は24ドルである。

ご飯は通常の白飯であればセット価格に含まれるが、五穀米やひじきご飯、とろろご飯などにすると2ドル追加である。トッピングの「いくら」の追加は5ドルだ。その後、ドレッシング(無料)を選び、物足りない場合は、枝豆(3ドル)、温泉卵(3ドル)、茶わん蒸し(6ドル)などを追加することができる。

現在のニューヨークでは、レストランで販売されている飲食物については市税4.5%、州税4.0%、これに大都市通勤輸送地区の割増しが0.375%加わり、合計で8.875%の税金がかかる。しまほっけ定食に五穀米とした場合、27ドル×8.875%≒2.40ドルの税金がかかり、合計では29.40ドルとなる。約30ドルだが、これで終わりではない。

ニューヨークは何年も訪問していないが、チップは15~20%くらいであろう。15%として4.5ドルなら、恐らく店を出る時は通常35ドルは覚悟することになる。1ドル=135円とすれば、4,725円だ。

そういえば、1980年代前半にブラジルで過ごしていた際、現地の食事がとにかく安く感じた。事実としても安かったのであろう。当時のブラジルの通貨(クルゼイロ)に対して最も強かったのは米ドルであり、タクシー料金などは米ドルで支払うと言えば大幅に値切ることが出来た時代である。

日本食が好きな米国人から見れば、本家日本のしまほっけ定食はニューヨークの5分の1の価格になる。コロナが落ち着き、インバウンド消費の伸びが期待されること自体は良いが、外国人の視点から見た日本は、素直に全てが安すぎるというのが本音であろう。それは筆者が1980年代にブラジルで体験したものの逆バージョンだ。しかし、当時も今も、現地通貨のみで生活している多くの人々にとって食費は極めて重要だ。

今朝のニュースでは卵価格の上昇が報道されていた。当たり前の事だが1kg当たり190円が374円(東京 Mサイズ)とわずか1年間でほぼ倍になれば一般消費者には溜息である。ところが、銘柄や育て方の違い、さらに輸送費などが加わるとはいえ、海の向こうでは1,200円でも行列が出来るという。中長期的な良し悪しは別として、そういうニーズと購買力があるところに出せばしっかりそれなりの価格で売れるという事だ。

賃金が上がらず物価が上昇すれば生活は厳しくなる。一方、飼料や燃料、さらに原材料費が上昇したまま販売価格が上げられなければ生産者は事業を継続できない。

さて、超長期で見た場合、代表的な飼料原料であるトウモロコシの価格は、1970年代前半までを第1期とすれば、その後は多少の変動はあったが2008年のリーマン・ショックまでが第2期、そして、それ以降の価格のステージは、明らかに違う次元で推移していることをよく理解しておく必要がある。これに過去最多の鳥インフルの影響がある。

つまり、今回の値上げには一時的な対策ではなく、中長期を見据えた抜本的な対策が必要だという事だ。

* *

しまほっけ定食が1,000円で食べられることを喜ぶべきか、悲しむべきか...

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る