人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

【浅野純次・読書の楽しみ】第91回2023年10月21日

一覧へ

◎小沢慧一『南海トラフ地震の真実』(東京新聞、1650円)

地震の予測でいつも気になるのは「30年以内に70~80%の確率でM8級の巨大地震が発生する」とかいう報道です。この例は静岡から鹿児島までの広範囲な地域を襲うとされる南海トラフ地震の予測ですが、いかにも科学的で疑いの余地はなさそうでいて、実は...。

新聞記者である著者は、この予測が最終決定される経緯に疑問を持ち、取材を進めます。そして一般的な予測方法だと南海トラフは20%のはずが70%超にもなってしまった事実をつきとめます。

今さら低くしたら地元が安心してしまう、防災予算がとれなくなる、などの政治的思惑のほか、ある地震学者が提起した時間予測モデルという学説が強力な根拠とされていることが浮かんできます。

そこでこのモデルのカギを握る高知県室戸の港へ調査に出かけ、意外な地政学的事実を発見する...。推理小説もどきの展開に思わず引き込まれそうです。

地震と津波は日本にとって宿命ですが、特定の地震を誇大に予測することは他の地域の警戒心を弱めるという弊害もあります。

地震予測に一喜一憂することなく、その科学的限界についても私たちは知っておく必要があります。とても読みやすい、貴重なレポートとして広く読まれてほしい力作です。

◎東京新聞特報部『報道弾圧』(ちくま新書、1012円)

報道次第で世の中は良くも悪くもなります。しかし世界では「報道弾圧」が横行しており、ジャーナリストが命懸けで報道を続けている国が多数あります。

意外にも1章フィリピンから始まりますが、ドゥテルテ政権の強圧政治を批判するメディアを陰に陽に圧迫するさまは対岸の火事ではありえません。

2章ロシアはウクライナ戦争、3章中国はパンデミックが主たるテーマで、懸命に真実追求と権力批判を続けるミニコミの姿が印象的(最悪の状況となった香港にも触れてほしかった)です。

中東に劣らずジャーナリストの投獄や殺害が日常茶飯に行われているミャンマーの軍政もひどい。日本人ジャーナリストも複数、逮捕、投獄されています。

最後に日本です。日本はまだましと思われるでしょうか。でも報道の自由度ランキングはなんと71位。38位の台湾、42位の韓国より下です。情報公開の低さ、政治家による放送局への圧力など問題点が次々に並べられると、まだましなどとは思えなくなってきます。

◎稲盛ライブラリー(構成)『稲盛和夫 魂の言葉108』(宝島SUGOI文庫、880円)

稲盛さんは生前20冊を超える著作を出版しました。その中からぴかりと光る寸言を選び、それぞれに解説がついています。

まだ一冊も読んでいない人には良い機会だと思います。京セラや第二電電などの名経営者なので、これも経営のための本と思われる人も多いかもしれません。もちろんそれもそうなのですが、生き方や考え方、仕事の仕方などでも良いヒントにあふれています。

「自分に訪れる出来事の種をまいているのはみんな自分なのです」「継続と反復は違います」「否定的なことを考える心が、否定的な現実を引き寄せたのだ」「どんな分野でも、成功する人というのは自分のやっていることにほれている人です」。

なるほど。反省しきりです。上掲の言葉がよくわからないようなら解説をぜひ読んでください。いずれもとてもいい解説です。最後にもう一つ。「自分を高めるために読書をしてほしいと思います」。今日から始めますか。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る