人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

母の日、花屋はおっかなびっくりの値上【花づくりの現場から 宇田明】第35回2024年5月30日

一覧へ

2024年の母の日を一言で総括すると、花屋のおっかなびっくりの値上。
生産者にとっては市場価格の高騰はうれしいことですが、花屋には仕入れ原価がアップ。
値上しないと経営が厳しいが、値上による消費者の花離れも怖い。

母の日、花屋はおっかなびっくりの値上

弱小花産業、
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
「値上ラッシュ、花屋が値上して何が悪い」
「クオリティが高い商品を提供しようとすれば高くなるのはあたり前」
理屈をつけ、自分を納得させ、おっかなびっくりに母の日の値上に踏みきった花屋が多かったようです。

値上の影響は、花屋の業態、地域、立地などでまだら模様。
ざっくりいうと、「値上で客単価がアップ」 ×「客数減」= 「売上トントン」。
商売人的には、「客数が減って(楽して)儲かった」母の日。

値上による物価高騰で、消費者の財布のひもはいっそう堅くなっています。
図は、切り花の市場平均単価(税込、東京都中央卸売市場花き部6市場)と消費者の年間切り花購入回数(二人以上世帯、総務省家計調査)との関係。
切り花単価(青縦棒)は急激に上昇しています。
コロナ前の2019年には67円。
コロナ禍によるイベント、結婚式などの中止があいつぎ、売先を失った花がマスコミで話題になった2020年が66円。
世間で騒がれたほどの暴落ではありませんでした。
コロナが収まり、業務需要がある程度回復した2021年から急激に上昇し、2022年には80円、23年には82円。
もはやプチバブルといってよいくらいの空前の高単価。
この傾向はことしも続いています。
これだけ市場価格が上がると、花屋は価格転嫁せざるを得ない。

では、花屋の値上に消費者はどう対応したのか。
家計調査が示しているのは、購入回数(赤折線)を減らして、年間購入額の上昇を抑えた。
2019年の年間切り花購入回数8.8回が、2022年には7.8回、23年には7.5回に減りました。
この傾向は今年の母の日にも当てはまります。
来店者数やネットでの注文数が減った花屋が多かったようです。

母の日の顧客は常連だけではありません。
はじめて花を買うひとや、おこづかいでお母さんへのプレゼントを買いに子供が来店します。
新規顧客がリピーターになるかどうかは母の日の接客しだい。
花屋は、そんなことは十二分にわかっているが、母の日は1年でもっとも忙しい日。
数日前からアレンジ、花束の製作、ギフトの発送、カーネーションなど鉢ものの包装、POPや店内装飾などで徹夜の連続。
この状態では、笑顔での接客はむずかしい。
これは今年の母の日に限ったことではなく、毎年のこと。
喉元過ぎれば熱さを忘れる。
おなじことが毎年繰りかえされています。

母の日のギフト、来店者を分散しなければならないことはわかっています。
業界全体で取りくんでいるのが、母の日がおわっても、お母さんへのプレゼントOKの「遅れてごめんね」キャンペーン。
さらに、「母の日」ではなく、5月全体が「母の月」キャンペーン。
それぞれの花屋単位では、早割や早期注文の受付などによる仕事の分散を図っています。

母の日は花屋の1年間の通信簿。
花屋は、小学1年生女子の憧れの職業。
クラレの調査では、花屋は将来就きたい職業の4位。
(2023年6月5日「花づくりの現場から」第12回)
来年の調査では、花屋は何位になっているでしょうか。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る