金融・共済 ニュース詳細

2014.04.17 
4年連続全国目標達成めざす JA共済連一覧へ

全国普及推進進発式を開催

 JA共済連は4月16日、平成26年度の事業量目標達成に向けて、都道府県本部長・副本部長・普及担当部長はじめ約250名が参集して、進発式を行った。

あいさつする安田会長 平成25年度のJA共済事業は、「3カ年計画」初年度として、3Q訪問活動を通じた「あんしんチェック」による保障点検の強化、「はじめる運動」を通じたニューパートナーへの取組み強化などにより、推進総合目標・重点施策目標ともに、3年連続で全国目標を達成した。
 今年度の進発式は、4年連続して全国目標を達成する決意を確認するものだが、安田舜一郎会長は開会のあいさつで「『ひと・いえ・くるまの総合保障』の確立に向け、地域特性にもとづくエリア戦略を導入・展開し。既契約者にたいする『3Q訪問活動』および未加入者に対する『はじまる活動』を柱とする地域に密着した『面の推進活動』を展開していく必要」がある。
 「今後も、JA共済の使命を果たすべく、本日の進発式を契機に、組合員・利用者のニーズに沿った推進活動を強力に展開するとともに、平成26年度の事業量達成をめざし、全本部の力を結集し総力を上げて」取組むよう要請し「私もみなさまと一丸となって、計画の達成に向け邁進して」いくと決意を語った。
目標達成を誓い乾杯する倉内副会長 進発式では、このあと、今年度の全国目標が披露され、鏡開きが行われ、倉内巌副会長が「取り巻く環境は大変厳しいものがありますが、何としてでも、系統一丸となって、全国目標の達成に向けて総力を結集しよう」とあいさつし乾杯の音頭をとった。
 さらに6地区を代表する県本部普及担当部長がそれぞれ力強く決意表明を行い、「来年度、また、この場所で皆さんと目標達成の喜びをわかちあいたい」と横井義則理事長があいさつし、散会した。

(写真)
上:あいさつする安田会長
下:目標達成を誓い乾杯する倉内副会長


(関連記事)

東海・北陸に業務センター新設 JA共済連(2014.04.09)

「失敗恐れず挑戦を」 148人がJA共済連入会(2014.04.03)

若年層の「加入しやすさ」向上 JA共済連(2014.03.31)

地域に密着した「面の推進活動」展開 JA共済連(2014.03.31)

農業リスク分野で提携 JA共済連と東京海上日動(2014.03.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ