農薬 ニュース詳細

2014.03.24 
農業リスク分野で提携 JA共済連と東京海上日動一覧へ

 JA共済連と東京海上日動火災保険(株)(東京海上日動)は、昨年春から幅広い分野での包括的な業務提携の可能性について協議・検討を行ってきたが、このほど先行して農業リスク分野の提携にかかる基本事項について合意した。

 合意した内容は、JA共済連グループと東京海上日動がこの4月に「農業リスク保障・サービス共同開発センター」を、両者から専従者を含めて10名程度で設置し、農業リスクに関する新たな保障・サービスの検討および開発・展開に取組むことにした。

 具体的な検討項目は、

1)異常気象リスク分野:異常気象リスクへの備えとして、農業者や再生可能エネルギー発電事業者等に提供する新たな保障・サービスの共同開発。
2)農産物の輸出サポート:農産物の輸出を行うJA職員向けの輸出に関する実務セミナー等の共同開発。
3)リスクコンサルティング等の各種支援サービス:農業経営にかかるリスクコンサルティング等の各種サービスの共同開発。
4)その他農業者向けの新たな保障・サービス
これらの検討項目については、今年9月以降、保障・サービスの提供を開始することにしている。
 両者は、引き続き「共済事業と保険事業という垣根を越えた幅広い業務提携の可能性を追求」していくことにしている。

 

(関連記事)

農業・農協問題研究所がシンポの報告書(2014.03.03)

JA共済連の国際支援 衣服など難民キャンプへ(2014.02.28)

TPP、生産調整...協同組合に何が問われる(2013.11.15)

JA共済連、東京海上日動と年度末まで協議(2013.08.06)

CS向上、搬入率アップめざす JARICが総会(2014.02.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ