Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

28年度上半期融資実績1857億円 日本公庫2016年11月21日

一覧へ

 日本政策金融公庫農林水産事業は11月17日、平成28年度上半期の融資実績が1857億円(前年同期比140%)となったことを公表した。特に規模拡大などに取り組む担い手農業者や新規就農者への融資が伸びた。

 農業分野への融資は、1277億円(前年同期比133%)だった。このうち農業者向け資金(農業者が経営を維持・発展するための資金)は「人・農地プラン(市町村が策定する地域農業の未来設計図)」の中で融資。地域の中心経営体に位置付けられた認定農業者、またTPPによる国際環境に備えるための攻めの経営展開に取り組む農業の担い手、新規就農者などへの支援を積極的に行い、融資実績は前年同期より282億円増の1211億円(同130%)となった。
 営農類型別では、耕種が全体の約1/3を占めた。内訳は野菜が151億円と最も多く、次いで稲作の120億円となった。
 畜産は全体の約2/3を占めた。このうち肉用牛が319億円と最も多く、次いで酪農143億円、採卵鶏116億円となった。
 また「経営者能力」や「経営戦略」をより積極的に評価するスキーム「事業性評価融資」の28年度上半期融資実績は肥育素牛の高騰を受けた肥育農家自ら繁殖部門へ参入することでの生産基盤の準備や、企業の農業参入などによる植物工場の建設への事業を中心に60億円となった。
 新規就農者向け青年等就農資金の融資実績は前年同期6億増の42億円(同117%)で573人の経営開始を支援した。
 熊本地震や台風による豪雨など自然災害による経営への影響についても融資や返済条件の緩和を行った。
 熊本地震で被災した農林漁業者に対する融資は11億円で、復興に向けて取り組みの支援を行った。
 融資実績は全体で23年度以降、増加傾向にある。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る