秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「個性生かして組織のため努力を」 JA共済連で新入職員入会式2022年4月5日

一覧へ

JA共済連は4月4日、東京・千代田区のJA共済ビルで、今年度新入職員の入会式を行った。入会式で青江伯夫経営管理委員会会長は、法隆寺の例を挙げ、1400年も残存している理由は、日当たりがよく育ちのよい木だけでなく東西南北それぞれの木を組み合わせて建築されていることを挙げ、それぞれの個性をいかして、JA組織のために努力するように」と激励した。

JA共済連の新入職員入会式JA共済連の新入職員入会式

入会式はコロナウイルスの感染対策から、全国本部の新人職員33人が会場に出席し、各都道府県本部の123人はオンラインで参加した。青江会長は、協同組合組織にとって大事なのは「人」であることを強調し、4年前、地元岡山県で発生した西日本豪雨の被災者から、JAの建物更生共済が大変喜ばれたことや、父親を亡くした子どもが生命共済で、無事、高校を卒業でき家族からも感謝されたことの体験をもとに、JA共済の果たしている役割を強調した。

決意表明で、山口県本部の金島詩織さんは「JA共済連の職員として必要なスキル・知識を身に付けるとともに、組合員・利用者の方々のニーズに応えるべく、日々努力し、挑戦していく」決意を表明。全国本部の遠藤碧人さんは「新型コロナが猛威をふるい始めてから約2年経ち、JA共済連の理念である相互扶助の考え方がより一層必要となる今だからこそ、新入職員同士団結し、助け合いの輪を広げていくことを約束する」と宣言した。

新入職員を激励する青江会長新入職員を激励する青江会長

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る