秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

新型コロナで支払共済金455億円 22年度上半期 JA共済連2022年12月1日

一覧へ

JA共済連は12月1日、2022年度業績を公表した。経常利益は前年同期に比べ575億円減少し1282億円となった。

生命総合共済の新契約高は73万3000件(前年同期比88.6%)、保障共済金額では1兆3247億円(同75.4%)となった。また、JA共済連が収納した共済掛金は3778億円(同62.0%)となった。

建物更生共済の新契約高は件数で42万9000件(同83.2%)、保障共済金額では6兆4458億円(同83.2%)となった。JA共済連が収納した共済掛金は1895億円(同71.0%)となった。

自動車共済の新契約高は契約件数で403万4000件(同99.9%)でJA共済連が収納した共済掛金は1306億円(同98.9%)となった。

自賠責共済は契約台数で158万2000台(同97.4%)、JA共済連が収納した共済掛金は222億円(同97.6%)となった。

生命総合共済と建物更生共済合計の保障共済金額は227兆4712億円で前年度末比で98.3%、3兆9792億円の減少となった。

受入共済掛金は一時払共済金の減少などで、前年度上半期に比べ4868億円減の2兆473億円となった。

支払共済金は、新型コロナウイルスや3月に発生した福島沖地震にかかる支払共済金が増加し事故共済金は増えたものの、満期共済金の減少で前年同期に比べ5652億円減の1兆6919億円となった。

なお、上半期の新型コロナウイルス感染症にかかる生命総合共済からの支払共済金は、入院共済金424億円、死亡共済金30億円の計455億円となった。

正味財産運用益(財産運用収益-財産運用費用)は前年同期比204億円増の4655億円となった。

経常利益は同575億円減の1282億円となった。

総資産は前年度末に比べ9663億円減の57兆2263億円(同98.3%)となった。

基礎利益は、新型コロナウイルス感染症や地震にかかる支払共済金の増加にともなって危険差損益が減少したことから、前年度上半期に比べ1400億円減の1395億円となった。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る