Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:アクサーFL
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

お米の麺「おこめん」で新しい食文化を 商品開発・認知拡大へCF開始2020年11月19日

一覧へ

(株)おこめん工房は、クラウドファンディングのCAMPFIREで米が原料の麺「おこめん」を新しい食文化として根付かせ、お米の消費拡大と水田の維持をめざすプロジェクト「グルテンフリー・無添加 お米が原料の『おこめん』でお米の新しい食文化を作りたい!」を開始した。

お米の麺「おこめん」で新しい食文化を 商品開発・認知拡大へCF開始

「おこめん」は、広島県産の米からつくった米粉に少量のジャガイモの澱粉を合わせて作ったグルテンフリーの麺で、食品添加物や食塩を使わずに作られている。ツルツルもちもちとした新しい食感で細くてしっかりとコシのある「白米のおこめん」と、パスタのような丸い断面でそば好きにもおすすめの「玄米のおこめん」の2種類。広島県大和町で兼業米農家として働きながら30年以上勤めた旧大和町役場を早期退職し、53才で起業した同社代表の井掛雅祥さんが「年々減っていく水田を守りたい、日本の農業を活性化させたい」という思いから、試行錯誤を重ねて作った。


「おこめん」を開発した米農家の井掛さん「おこめん」を開発した米農家の井掛さん


プロジェクトは、グルテンフリー・無添加の"おこめん"を多くの人に知ってもらい、新しい食文化として根づかせることで、米の消費拡大と水田の維持をめざす。

返礼品は、「おこめん」や米、米袋エコバックなどを予定。支援金は、「おこめん」の商品開発と「おこめん」を利用している全国の米農家への販促資料作成に充てる。

井掛さんは「お米は粉にすることで、小麦のように様々な食品に加工することができ、小麦アレルギーの心配もない。私たちの想いを込めた作った『おこめん』が、お米の消費拡大の一助となり、日本に新たな食文化をもたらすことができれば」と話している。

「白米のおこめん」(右)と「玄米のおこめん」「白米のおこめん」(右)と「玄米のおこめん」

【グルテンフリー・無添加 お米が原料の「おこめん」でお米の新しい食文化を作りたい!】

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る