左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

北海道の23年産米の仮渡金(概算金) 100~1100円増で2年連続の引き上げ2023年9月8日

一覧へ

ホクレンは、2023年産米の主力銘柄の仮渡金(概算金)を玄米60㎏当たり100~1100円引き上げることを決めた。

北海道の仮渡金(玄米60kg当たり)北海道の仮渡金(玄米60kg当たり)

主力銘柄の仮渡金(カッコ内は前年差)は、「ななつぼし」が1万2500円(+1000円)、「きらら397」が1万2000円(+1000円)、「ゆめぴりか」が1万3600円(+100円)、「ふっくりんこ」が1万2700円(+1100円)、「えみまる」(+1100円)となり、一部銘柄で据え置いたものもあるが、ほぼ2年連続の引き上げとなる。

今回の仮渡金の引き上げについて、ホクレンの米穀担当者は「在庫が減り、生産コストの上昇など、需給環境が整ってきたから。一部銘柄では据え置いたものもあるが、ほとんどの銘柄は2年連続で引き上げとなる。ただ、コロナ禍前の2019(令和元)年には届いていない」という。

農水省から発表された8月15日現在の作柄概況では、北海道は「やや良」。23年産米の刈取は例年よりも早いが始まったばかり。等級についてはまだ分からないが、記録的な猛暑となった今夏は北海道も例外でなく、猛暑日が多かった。「高温障害の影響は一定程度あるかもしれないが、ライスセンターなどの施設で調整するので、ほぼ1等米になる」と担当者。品質面での不安は全くなさそうだ。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る