左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
2・PC:朝日アグリア・エコレット
FMCセンターSP:ベネビア®OD

宝酒造「田んぼの学校」2024年 参加者を募集開始2024年2月9日

一覧へ

宝酒造は2月8日、社会貢献イベント"宝酒造「田んぼの学校」2024"の参加者を募集開始。小学3年生から6年生の子どもとその家族を対象に、3月25日まで参加者を募集している。

宝酒造「田んぼの学校」2024年 参加者を募集開始

"宝酒造「田んぼの学校」"は、米づくりや自然観察などの体験を通して、参加者に自然の尊さや食べ物の大切さ、命のつながりや生物多様性の保全について学ぶ体験授業。2004年に千葉県で始まり、2011年からは京都府での開催となり今回で通算18回目の開催となる。

同イベントでは、春から秋までに、「田植え編」「草取り編」「収穫編」の計3回の授業を実施。京都府南丹市園部町の田んぼで、参加者自らの手で苗を植え、草取りをし、稲を刈り取るまでを体験する。また、田んぼ周辺の植物や昆虫などの自然観察を行い、自然の恵みと命のつながりを学ぶ。

同社は、「田んぼの学校」を通じた子どもたちへの環境教育により、生物多様性の保全と地域の活性化に貢献する。

◎宝酒造「田んぼの学校」2024 開催概要
日程:年間3回
第1回<田植え編>5月19日
第2回<草取り編>7月7日
第3回<収穫編>9月22日
会場:京都府南丹市園部町の田んぼ(京都府南丹市園部町仁江)
※現地集合、現地解散
募集人員:60人(小学3年生から6年生の子どもとその家族)
※小学生は4月からの新学年、家族は大人
※全3回に参加できる子どもと家族
※応募が定員を超えた場合は抽選
参加費用:大人1人年間1000円、子どもは無料
※会場までの交通費は参加者負担

応募方法:郵便ハガキに次の項目を記入の上、下記事務局に申し込みを
(1)代表者(大人)の氏名(ふりがな)・年齢
(2)郵便番号・住所
(3)電話番号
(4)代表者を含む参加者の人数
(5)代表者以外の参加者の氏名・年齢・代表者との関係

応募締切:3月25日必着
宛先:「宝酒造田んぼの学校」事務局R係 〒104-0061 東京都中央区銀座7-18-13-203

問い合せ先:「宝酒造田んぼの学校」事務局(電話)03-6226-3633 (平日11:00~18:00)

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る