肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2016.12.01 
新潟で新たに鳥インフル確認一覧へ

 農林水産省は11月30日、新潟県で新たに高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたと発表した。

 同日午前、上越市の採卵鶏農場で死亡羽数が増加したため、農場から上越家畜保健衛生所に通報があり、家畜防疫員による簡易検査で午後に陽性と判明した。
 同農場は約23万羽を飼養。通報時から家きんの移動を自粛している。
 その後の遺伝子検査の結果、H5亜型の高病原性鳥インフルエンザと確認された。
 農林水産省は同日、鳥インフルエンザ防疫対策本部を開き、▽当該農場の家きんの殺処分と埋却、▽農場から半径3kmの移動制限区域の設定、▽半径3kmから10kmの搬出制限区域の設定、▽制限区域内農場の発生状況確認検査、▽発生農場周辺の消毒の強化、▽疫学調査チームの派遣などを実施ることを決めた。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ