Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬を使わない牛のえさづくり―草で草を防除する 農研機構東北農研市民講座2017年10月27日

一覧へ

 農研機構東北農業研究センターは、地域の人に農業研究開発の取り組みを理解してもらうことを目的に、研究者が専門分野の話題を中心に親しみやすく話しをする「市民講座」を実施しているが、第18 回目を以下のとおり開催する。

 飼料に農薬が残留していると、家畜の体内で濃縮され、乳や肉を通じて高濃度の農薬が人の口に入る恐れがある。このため飼料作物への農薬の使用は厳しく制限されており、除草剤を使えない作物も少なくない。機械や人力で除草すれば薬を使わずに済むが、このような防除法は非常に労力がかかる。今回は、雑草が畑で生き抜き、繁栄する戦術を紹介するとともに、その戦術を打ち破る能力を持つ牧草(イタリアンライグラス)の力を借りて、機械も人力も使わずに無農薬で雑草を防除する方法を紹介する。

【概要】
○日時:12月2日(土)9:30~10:30
○場所:農研機構東北農業研究センター 北辰興農閣研修室(岩手県盛岡市下厨川字赤平4)
○テーマ:農薬を使わない牛のえさづくり-草で草を防除する-
○話し手:農研機構東北農業研究センター 農業技術コミュニケーター 魚住順
○定員:50 名(事前申込みが必要)
○参加費:無料
○参加申込み方法:
・住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入のうえ11 月30 日(木)までにメールで申し込む
・希望者多数の場合は、先着順
○参加申込み・問い合わせ先:(開催事務局)
 農研機構東北農業研究センター 企画部産学連携室
mail:www-tohoku@naro.affrc.go.jp
TEL:019-643-3573
FAX:019-643-3588

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る