Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

搾乳ロボット活用しスマート農業実証 県立広島大の研究が助成対象に2020年7月9日

一覧へ

県立広島大学庄原キャンパスの三苫好治教授(環境リスク制御学)の研究「搾乳ロボット併用『ハイブリッド酪農』による労働力不足の解消と労働生産性の向上に向けた実証」が、令和2年度の国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構による「労働力不足の解消に向けたスマート農業実証」の助成対象に採択された。

導入予定のアストロノートA5Lely社製搾乳ロボット=コーンズ・エージー提供
導入予定のアストロノートA5Lely社製搾乳ロボット=コーンズ・エージー提供

搾乳は、早朝と夕方の1日2回取り組まなければならない拘束時間の長い重労働。負担軽減のための搾乳ロボットシステムは、乳牛の体調管理と同時に搾乳を全自動で行う最新ICT施設で、大規模農家を中心に導入が進んでいる。

ただ、搾乳ロボットになじめない乳牛(乳頭形状などが原因)もあり、そうした乳牛には従来型のミルキングパーラーが使われている。半面、手作業が中心で酪農家の負担が大きく、生乳の生産効率がよくないことから処分されることもあった。

今回の実証実験は、中規模農家で搾乳ロボットとミルキングパーラーを効率よく組み合わせた「ハイブリッド型」を採用する新しい取り組み。中規模農家では、新型コロナウイルス等の影響により、労働力として期待が大きかった外国人労働者を新規雇用できない状況にあり、人手不足から負担が増している。

同研究では、乳牛の出産とその直後に量が増える生乳の生産サイクルにあわせた「ハイブリッド型」を活用することで、労働生産性の向上と酪農家の省力化、人材不足解消を目指す。また、搾乳ロボットとミルキングパーラーにICT機器を接続し、牛の体調管理にも役立てる。

【ハイブリッド型の効果】
1頭当たりの搾乳時間を算出すると、搾乳機のみの方式では年間34時間だが、搾乳ロボットは同7時間(農水省調査)。200頭の乳牛を搾乳機のみで飼育していると想定すると、年間6800時間を搾乳に費やすことになる。

「ハイブリット型」の適用では搾乳ロボットを2台導入。乳牛群120頭をロボットによる搾乳対象とすると、残りの乳牛群80頭が従来型の搾乳機で搾乳され、人手で搾乳する頭数は従来の4割に減る。搾乳時間も年間3560時間と半減する見込み。

【今後の予定】
(有)トールファームや広島県庄原市、庄原商工会議所とともに実際に搾乳ロボットを導入し、事業拡大と生産性の向上を目指す。今年度は、搾乳頭数178頭の(有)トールファームで実際に搾乳ロボットを導入し、人手を増やさず搾乳頭数200頭を目指しながら搾乳時間半減を目指す。

また、広島県立庄原実業高校と連携し、学生に対して最先端スマート畜産技術の学習会や実習を行う。酪農に対する3Kイメージを払拭し、後継者育成や技能継承にも努める。



ミルキングパーラー=(有)トールファーム提供ミルキングパーラー=(有)トールファーム提供

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る