Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豚の育成管理システム 経産省のエコシステム構築事業に採択 Eco-Pork2021年8月2日

一覧へ

株式会社Eco-Porkは、「令和3年度 グローバル・スタートアップ・エコシステム強化事業費補助金(ものづくりスタートアップ・エコシステム構築事業)」に採択された。

豚の育成管理システム 経産省のエコシステム構築事業に採択 Eco-Porkシステムの要であるAI自働体重測定カメラ「ABC(AI Buta Camera)」は、同事業に先駆け鹿児島県の株式会社ジャパンファームなど複数企業で本格運用や正式導入が決定。10月13日~15日開催の「農業ウィーク東京2021」を皮切りに全国の企業養豚農場を中心に展示・拡販開始する。

経済産業省からの委託により(一社)社会実装推進センターが運営する同補助金は、J-Startupをはじめとした国内外の先端的スタートアップと、各種プレーヤーが協力して社会実装の成功事例を生み出し、そのノウハウを共有することで、世界に対する求心力 ・ 発信力を持つものづくりスタートアップのエコシステム確立を目的としている。

Eco-Porkは「3D AIカメラ+撮影ロボットによる肥育豚育成管理システムの社会実装」と銘打ち、豚体重測定AIカメラ「AI豚カメラ(ABC)」を活用した肥育豚の育成管理システムの実装へ取り組む。単なる豚の体重測定だけでなく、農場全体での豚の育成・出荷計画の自動生成・管理まで実現することで根本的な業務効率の改善と利益改善(養豚産業のDX化)をめざす。同取組ではAI豚カメラと自働撮像ロボットの連携改良・実証がメインとなる。AI豚カメラは、複数頭の肥育豚を一度に完全自働で測定できるハードウェアで、弊社の養豚経営管理システム「Porker」への即時連携が可能。豚の輪郭や特徴点を捉えて体重推計するため、豚房内で起こり得る全ての状態で測定できる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る