JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

酪農の担い手を育成「全酪アカデミー」を設立-全酪連・酪農協会2021年8月6日

一覧へ

全国酪農業協同組合連合会(全酪連)と(一社)全国酪農協会は酪農への新規就農を志す担い手を育成することを目的とした「一般社団法人全酪アカデミー」を8月2日に設立した。

全酪アカデミーは酪農就農を志す人を職員と雇用する。そのうえで1年目は全酪連の関連牧場(福島県と熊本県の2農場)で研修し、2年目~3年目は契約農場で研修を続ける。

研修は搾乳作業や飼料給与など実地研修と飼養管理、酪農経営学、畜産関連法など座学研修を実施する。新規就農に向けては就農地の確保、事業継承、資産譲渡などを賛助会員と連携して多面的にサポートし就農につなげる。

全酪アカデミーは全酪連、酪農協会の会員を中心に賛助会員を募るとともに、研修のための契約農場や研修生も募集していく。今年度は2組の採用を予定している。

この制度は、同アカデミーの職員として雇用(有期)されるため研修期間中も収入が確保されるのが特徴だ。また、就農地の確保や事業継承などもサポートする。地域の貴重な酪農資源が意欲ある次世代に引き継がれることも同アカデミーの事業に期待される。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る