JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

動物飼料用酵素の市場規模 2026年までに18.8億米ドルに達する見込み2021年8月23日

一覧へ

市場調査レポートプロバイダーのReport Oceanは、世界の動物飼料用酵素市場に関する最新レポートを発行した。

動物飼料用酵素の市場規模 2026年までに18.8億米ドルに達する見込み

同レポートによると、世界の動物飼料用酵素市場規模は、2026年までに18億8000万米ドルに達すると予想され、2018年から2026年にかけて7.3%の年平均成長率(CAGR)で成長すると予測している。同市場は、飼料原料のコスト上昇、食肉消費量の増加、動物全体の収量増加への圧力の高まりなどの要因により、予測期間中に大きく成長することが予想される。また、特にアジア太平洋地域などの新興国では、動物飼料用酵素の有用性に対する認識が高まっているため、市場の成長が見込まれている。

これらの添加物は、動物の全体的な健康を適切に維持。酵素は、タンパク質などの必須栄養素の消化を促進し、アミノ酸の利用率を高める。また、未消化の栄養素が腸内環境に与える悪影響を相殺する。世界の人口は急速に増加し、利用可能な食糧資源に負担をかけているため、畜産関係者は資源の使用量を減らしながら生産量を最大化する必要に迫られている。酵素は、栄養素の適切な吸収と消化を助けるため、こうした努力を後押しする。

大麦、とうもろこし、小麦など、通常、動物飼料の生産に使用される穀物には、硬いコーティングが施されており、製粉の際にも完全には壊れず、消化されることもない。これらの添加物は、カバー分子の分解をもたらすため、動物の全体的な消化プロセスを助け、腸の健康を適切に維持することができる。

肉と肉製品には、成長と発達に有益なタンパク質、微量栄養素、ミネラルが含まれており、食肉加工は食品の安全性を高め、価格を下げ、保存期間を延ばすことができる。世界的な食肉需要の高まりは、市場の成長に好影響を与えると予想される。

アジア太平洋地域は、東南アジアやインド亜大陸を中心とした発展途上国での需要増加に支えられており、最も収益性の高い地域市場。また、中国、日本、西ヨーロッパ、米国なども、市場の成長に大きく貢献している。

人口の増加と所得の向上により、食肉の需要が高まる一方、家畜を拡大するためのスペースは限られており、既存の食糧資源の最適な利用が必要となる。動物飼料用酵素を使用すると、家畜の免疫力が向上し、様々な病気による死亡を減らすことができる。

この市場の主な企業は、動物飼料用酵素市場で最大のシェアを獲得するために、アジア太平洋などの発展途上地域に集中。BASF社とBiomin社は、ベトナムの飼料業界向けに新しいフィターゼ製品の発売を発表した。動物飼料用酵素の主要な企業には、Chr.Hansen Inc、BASF Corporation、Bio Vet JSC、DuPont、Enmex SA De CV、Adisseo France、Alltech、Novozymes、AB Enzymes GmbH、Advanced Enzymes Technologies Limited、Lesaffre Groupなどがある。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る