協友アグリヘッドSP:FG剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

農業用干草と飼料機械市場 2021年から2026年で緩やかに成長見込み2021年12月6日

一覧へ

グローバルインフォメーションは12月1日、市場調査レポート「農業用干草および飼料機械の世界市場:業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)を発売した。

同レポートによると、2015年から2020年にかけて、世界の農業用干草および飼料機械市場は約6%の年平均成長率(CAGR)で成長。今後、2021年から2026年の間、同市場は緩やかな成長を示すと予想している。

農業用干草とび飼料機械は、ベーラー、ディスクモア、モアコンディショナー、飼料収穫機、レーキ、テッダー、ブロワー、収納ボックス、水分センサーなどで構成されている。この機械は経済的で労働効率が高く、エンドユーザーの要求に応じてさまざまなサイズや容量のものが用意。腐りやすい飼料を安全に保管でき、簡単に輸送できる乾燥製品に変えることができる。また、乾燥物や栄養素の損失を最小限に抑えながら、水分量を減らすことができる。

市場の成長要因

農業の自動化が進み、植物性飼料の需要が高まっていることは、市場の成長を促進する重要な要因の一つ。これに加え、各国の政府機関は、農家を支援するために、直接払い、作物保険、ローンなどの形で補助金を提供している。また、食料安全保障への関心が高まっていることから、農家のニーズを満たすために、農業用干草および飼料機械の導入が促進されている。さらに、農業を維持し、農業用干草と飼料機械の高い適応性を可能にする精密農業の新たな傾向により、市場は成長を遂げている。

人件費の高騰や労働力の不足は、農業用干草および飼料機械の需要を高めており、市場の主要企業は、新機能や革新的な技術を搭載した大容量の製品を発売。これが市場に好影響を与えることが予想される。

主要な市場区分

世界の農業用干草と飼料機械市場は、機械タイプと販売チャネルに基づいて分類されている。

機械タイプ別の市場構成

・刈り取り機
・コンディショナー
・ベーラー
・飼料収穫機
・その他

販売チャネル別の市場構成

・OEM
・アフターマーケット

市場の競合状況

世界の農業用干草および飼料機械市場における主要な企業は、AGCO Corporation、CLAAS、CNH Industrial、Deere & Company (John Deere)、Farm King、Krone North America Inc. (Bernard Krone Holding Company), Kubota Corporation, Kuhn Group (Bucher Industries AG), Yanmar Company Limited.など。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る