2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:モーティブ
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

天候不順で牛乳類の消費再び減少 Jミルク2022年7月22日

一覧へ

Jミルクは7月21日に需給短信を発表した。天候不順で再び家庭内消費が減少している。

7月11日からの週の牛乳類の家庭内消費は、全国的に暑さが続いた6月27日の週をピークに2週間連続で販売個数が減少した。

牛乳類トータルで販売個数は、前年比94.7%となった。全品目で前年を下回った。

全国的に気温は平年並みだったが、一部地域では豪雨による被害が出るなど降水量が多かったことが消費に影響したと考えられるという。

牛乳の販売個数は2019年同期比で97.6%とコロナ禍前の水準を下回った。ヨーグルト類は6月20日の週以降、3週連続で販売個数が減少している。直近ではとくに大容量タイプが前年を大きく下回った。

全国の新型コロナ感染者数は22日に18万人を超えて過去最大となった。今後の行動制限の有無など業務用・家庭内需要への影響を注視する必要がある。

一方、気象庁の8月の気温予測は東日本、西日本ともに平年よりも高くなる確率が50%と予測されている。飲用向けを中心とした需要増加が期待されることから、広域生乳輸送を通じた安定供給に向けた事前の準備、協力体制を確認することが必要だとしている。

Jミルクは、引き続き需要の喚起や、底上げを図るための取り組み強化が重要としている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る