2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

"口に入るものは間違ってはいけない" 創業50周年記念事業『秋川牧園のこと』出版2022年8月2日

一覧へ

養鶏のほか多品目の生産・加工・流通まで自社で一貫して担い、農業分野で初上場した秋川牧園が創業50周年記念事業として、半世紀以上にわたって貫いてきた理念を読み解く『秋川牧園のこと』(プレジデント社刊、1000円・税込)が8月1日に出版された。

秋川牧園について記した『秋川牧園のこと』秋川牧園について記した『秋川牧園のこと』

秋川牧園は、1972年に山口県山口市仁保で創業し、採卵養鶏に始まり、現在では、養鶏のほか多品目の生産・加工・流通まですべて自社で一貫して担う企業に成長した。食べ物づくりにおいて"安心・安全"をキーワードに、創業以来大切にしてきた、"口に入るものは間違ってはいけない"という言葉は、全国の秋川牧園のファンの間では、SNSのハッシュタグになるほど話題になった。50周年を節目に、同書では企業理念の誕生秘話や、"なぜ、秋川牧園がここまで安心・安全な食べ物づくりを行うか"に迫り、その苦難の道を記した。

同書は、(1) 安全な食べ物づくりへの道のり、(2) 卵から始まった事業が多品目生産から加工に至る、現在までの様子を知る解説付き年表、(3) 生産・加工品に関するこだわりの歴史と現在の取り組み、(4)301品目にも上る自社製品の一部を紹介するの商品ガイドなどで構成。また、「広辞苑」をなぞらえ、秋川牧園を語る上で欠かせない「ポストハーベスト農薬」などのキーワードを解説した「秋川牧苑」もある。雑誌形式で、秋川牧園が手がける、養鶏、酪農、野菜の生産、冷凍食品・乳製品加工、全国への宅配など普段は見られないところも紹介している。

『秋川牧園のこと』は、秋川牧園会員注文サイト、秋川牧園公式ウェブショップ、同社敷地内直売店、文栄堂書店(山口本店・ゆめタウン山口店)で販売。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る